2021年07月07日

その他

エステー コロナ禍の接客業の感染対策に関する実態調査 接客業の新型コロナの影響を調査 除菌作業を行う人の約7割が「感染の不安」を実感 従業員や職員にとって「除菌作業」の負担軽減が課題に

エステー株式会社は、長期化するコロナ禍で、接客業の現場における感染対策の実態や課題を明らかにするべく、20歳~59歳までの6業種の接客に関わる仕事に従事する630名を対象にインターネット調査を実施しました。
調査の結果、職場内での「感染の不安」に関して、「対面接客時」に不安を感じている人は約8割いました。また、除菌作業を担当している人においては、約7割が「除菌作業時」に不安を感じていると回答し、接客業に従事する人が日々「感染の不安」を抱えながら業務をおこなっている実態が明らかになりました。
日々の除菌作業に関しては、約7割が「負担を感じる」と回答し、苦労している点として、「自らが感染しないように予防すること」と回答した人が約7割と最も多く、次いで「コロナ前と比べて清掃場所や清掃時間が増えたこと」が約6割という結果となりました。

当社は、昨年8月に約1カ月間除菌・ウイルス除去が持続する業務用除菌剤「Dr.CLEAN⁺」を発売し、日々の除菌作業の負担を軽減し、働く現場をサポートする活動を推進しています。お客様だけでなく、従業員、スタッフの安心・安全な衛生環境を守りながら、感染対策とサービスの両立に貢献してまいります。

【調査概要】
■調査内容:接客業の感染対策に関する実態調査
■調査期間:2021年6月
■調査対象:接客を伴う6業種に従事する20歳~59歳の有職者 630名(※各業種108名、娯楽業のみ90名)
■調査方法:インターネット調査
■調査業種:宿泊業(ホテル・旅館)、介護施設(特養・デイサービス)、教育施設(学校・塾)、小売業(百貨店・スーパー・コンビニエンスストア・アパレル等)、外食飲食業(レストラン等)、娯楽業(テーマパーク・アミューズメントパーク・映画館・プール等)

調査結果 サマリー

●「対面接客時」に感染の不安を感じる人は約8割。
「除菌作業」を行う人の約7割も不安と回答。

●7割以上が職場内の感染対策で手指消毒・換気を実施。
設備の除菌対策は約6割で、施設としての感染対策の課題が明らかに。

●7割以上が除菌作業を負担に感じていることが明らかに。
除菌作業で苦労していることは「自身の感染予防」、次いで「清掃の増加」。

●約4割が正しい除菌方法の理解・実行をできていないことが判明。

「対面接客時」に感染の不安を感じる人は約8割
「除菌作業」を行う人の約7割も不安と回答

対面での接客を行う際に感染の不安を感じるか質問をしたところ、「不安を感じる」、「不安をやや感じる」の回答は合計78.5%で、多くの従業員の方が感染への不安を抱えながら、接客業務をおこなっていることが分かりました。また、職場で自身が除菌作業をおこなっていると回答した360名に対して、感染の不安を感じるか質問をしたところ、「とても感じる」と「やや感じる」と回答したのは合計65.8%となり、お客様に安心・安全を提供するための除菌作業において、自身が感染への不安を感じている実態も浮き彫りになりました。

対面での接客を行う際に感染の不安を感じますか?(単一回答、6業種合計 n=630)

職場で除菌作業をおこなう際に感染の不安を感じますか?(単一回答、6業種合計 n=360)

7割以上が職場内の感染対策で手指消毒・換気を実施。
設備の除菌対策は約6割で、施設としての感染対策の課題が明らかに。

職場内での感染対策について質問したところ、「手指消毒剤の設置」や「換気」について70%以上が行っている一方で、「設備の除菌対応」は59.4%にとどまりました。中でも、教育施設(47.2%)、小売業(50.0%)においては、約半数が設備の除菌作業を実施できていないことが分かり、業種によって大きな差がありました。こうした業種においては日々の業務に追われて、作業負担の増える除菌作業までは手が回っていないことが考えられます。

職場内で行われている感染対策を全てお答えください。(複数回答、6業種合計 n=630)

「職場内で行われている感染対策を全てお答えください。」で「設備の除菌対応」と回答(複数回答、n=374)

7割以上が除菌作業を負担に感じていることが明らかに。
除菌作業で苦労していることは「自身の感染予防」、次いで「清掃の増加」。

職場で自身が除菌作業をおこなっていると回答した360名に、日々の除菌作業に関する業務に負担を感じているか質問をしたところ、全体の73.9%が「負担を感じる」と回答しました。
  さらに、職場の除菌作業で苦労していることを聞いたところ、「自らが感染しないよう予防すること」が68.1%と最も多く、次いで「コロナ前に比べて清掃場所や清掃時間が増えたこと」が60.8%という結果になりました。

職場での日々の除菌作業に関する業務に負担を感じていますか?(単一回答、6業種合計 n=360)

職場における除菌作業で苦労していることは何ですか?苦労に感じることを全てお答えください。(複数回答、6業種合計 n=360)

約4割が正しい除菌方法の理解・実行をできていないことが判明。

正しい除菌方法の理解とその実行について質問したところ、 58.3% が「正しい除菌方法を理解して、実行している」と回答しました。一方で、正しい除菌方法を理解していない、もしくは実行していないという回答は合計41.7%という結果となりました。従業員が、正しい除菌方法を理解せずに作業をしていたり、理解しながらも、正しく実行できない実態が明らかとなり、正しい除菌方法の理解と正しく効率よく実施するための技術の習得が課題となっていることが分かりました。

正しい除菌方法を理解していますか?またその除菌方法を実行していますか?(複数回答、6業種合計 n=360)