トップページ > プレスリリース > 2015年 > その他

2015.04.21

農林水産省『消費者の部屋』で
トドマツの枝葉を利用した「空気浄化剤」を特別展示
展示期間:2015年4月20日~5月1日

農林水産省内の『消費者の部屋』において、国立研究開発法人森林総合研究所が主催する特別展示『森林資源を余さず使う新技術』が4月20日より開催されます。当展示において、エステー株式会社の100%子会社である日本かおり研究所が森林総合研究所とともに展開しているクリアフォレスト事業の「空気浄化剤」が紹介されます。
展示期間は2015年4月20日(月)から5月1日(金)で、入場は無料です。
※森林総合研究所/茨城県つくば市/理事長:沢田治雄
※日本かおり研究所/代表取締役社長:金子俊彦
    

 

 

農水省『消費者の部屋』は、同省北別館1階に設置されている展示コーナーで、食生活に関する情報や農水省の取り組みなどを消費者にわかりやすく伝えるスペースです。
4月20日から開催される『森林資源を余さず使う新技術』では、環境汚染物質を除去するドトマツの枝葉から抽出した精油を原料とした「空気浄化剤」が、森林から出る“未利用バイオマス”を有効利用する新技術として、林地残材を原料とした「木粉・プラスチック複合材」、「半炭化ペレット燃料」、「セルローナノファイバー」などと共に展示されます。
また、トドマツの枝葉から抽出したさわやかな香りが楽しめる「空気浄化剤」の精油サンプルも配布されます。  

 

◆革新的ベンチャー活用開発  


トドマツの枝葉を利用した空気浄化剤の開発は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST/理事長:中村道治/本部:埼玉県川口市)の産学連携・技術移転支援事業である独創的シーズ展開事業 革新的ベンチャー活用開発における開発課題〔樹木精油を利用した環境汚染物質の無害化剤〕の支援を受けて実施されました。
開発、企業化を日本かおり研究所が受託し、森林総合研究所が長年蓄積した樹木精油に関する基礎的な知見や技術を経済的、技術的側面から企業的規模で実証的な試験を実施し、問題点を検討した上、企業等で使用できる発展的実用技術を「クリアフォレスト事業」として実現しています。
この空気浄化剤の開発は、産学官連携活動において大きな成果を収めた事例として昨年9月には、「第12回 産学官連携功労者表彰(主催:内閣府)」の「農林水産大臣賞」を受賞しました。
 

 

 
 

 

          - 記 - 

農林水産省「消費者の部屋」にて「空気浄化剤」を特別展示

展示テーマ: 森林資源を余さず使う新技術
展示会場: 農林水産省北別館1階(東京都千代田区霞が関1-2-1)
展示期間: 2015年4月20日(月)~5月1日(金) 10:00~17:00 
      (初日12:00から/最終日13:00まで) 
          

 

 

 

 

 

前の画面に戻る