トップページ > プレスリリース > 2012年 > その他

2012.07.03

「わたしのアロマ」をテーマにした芳香剤プロダクトデザイン公募
『エステー・デザインアワード2012』
最優秀賞・特別賞・審査員奨励賞が決定

 

エステー株式会社(本社:東京都新宿区 代表執行役社長:米田 幸正)は、新たなデザイナーの才能発掘や社内の活性化を図るため、プロ・アマを問わず広く芳香剤のプロダクトデザイン公募を行った「エステー・デザインアワード2012」の最終審査を6月30日に都内イベント会場で開催し、最優秀賞および特別賞、審査員奨励賞の3作品を決定しました。
2010年に続き2回目の開催となる「デザインアワード2012」の最終審査では、「わたしのアロマ」をテーマに芳香剤のプロダクトデザイン公募を行い、応募作品542点からすでに第1次審査を通過した入賞作品19作品が対象となりました。
最優秀賞には、扉の開閉で香りが運ばれるアロマテープを提案した『アロマの入口』が受賞し、特別賞には、そのとき楽しみたい香りをひっくり返すと砂が流れ出す砂時計で表現した『MY Time, MY Fragrance』、審査員奨励賞には、修正テープのように貼付けて使う香り付きのシール型アロマ『エステープ』が受賞しました。3作品の受賞者には、副賞としてそれぞれ、最優秀賞100万円、特別賞30万円、審査員奨励賞10万円を授与されるほか、作品の商品化が検討されます。
最終審査員は、au「LISMO!」や日光江戸村「ニャンまげ」などのデザインを手がけた佐野研二郎氏(MR_DESIGN代表)、鈴野浩一氏(トラフ建築設計事務所共同主宰)ら各ジャンルのトップデザイナーの他、エステー取締役兼代表執行役社長米田幸正、同取締役兼執行役鈴木貴子、同常務執行役上月洋が務めました。


(左から)佐野研二郎氏、鈴野浩一氏、受賞者(4名)、エステー米田社長
     



 

◆受賞作品


◯最優秀賞
 アロマの入口/ 2001(小坂 和生、石山 真子)

"アロマをもっともっと日常へ"と考えたら、いつも見えていない部分になりました。 
扉の開閉によって生じる空気の流れに乗って運ばれる香り。
日常的な行為かがちょっぴり楽しくなるアロマの提案です。 
(2001(小坂 和生、石山 真子))

     

 


 


◯特別賞
 MY Time, MY Fragrance/平川 貴啓
 

"今日はこのアロマ"
今このひと時に楽しみたい香りをひっくり返すと、砂が流れ出す砂時計のように「私のアロマ時間」が始まります。
この容器は、オイルを少しづつ出して下の三角錐形状の陶器に落ちて染み込み香りを放出します。
香りの時間をとめるときは容器をひっくり返すだけです。
(平川 貴啓)

     


 

 


◯審査員奨励賞
 エステープ/小林 悠
 

"あなたに贈るアロマ"
貼付けて使う香り付きシール型のアロマです。
手紙にエステープをそっと貼付けて封をして、相手に送ると封筒を開けた相手にふわっと香りが広がります。
(小林 悠)

     

 

前の画面に戻る