トップページ > プレスリリース > 2012年 > 製品

2012.06.12

生活者の不安解消のために
エステーの家庭用放射線測定器 第3弾
検出形式にCsIシンチレーション式を採用
高性能機種「エアカウンターEX」を新発売
わずか30秒で誤差±15%の測定を低価格にて実現

 

エステー株式会社は、新たに"CsIシンチレーション式"を検出形式に採用し、感度を大幅アップ、高価格品と同等の測定時間を実現した「エアカウンターEX」を2012年6月20日より、自治体や学校、教育機関、除染事業者などを対象に発売します。また、個人向けには、8月初旬に当社のインターネット通販で発売する予定です。販売価格は税込み19,800円、月産数量は約1万個です。
また、この「エアカウンターEX」には、首都大学東京の放射線安全管理学の専門家である福士政広教授が監修した放射線等についての基礎知識を掲載した小冊子「正しく覚えよう!放射線の基礎知識」を付属しています。

 


「エアカウンター」シリーズ


エステーでは、これまでに一般家庭でも安心して使える性能と価格を実現した家庭用放射線測定器「エアカウンター(2011年10月発売)」、その後継機種として性能をアップして価格も下げた量産タイプの「エアカウンターS」を2012年2月に発売し、シリーズ累計で26万個を出荷しております。いずれも大きな反響があり、多くの生活者に受け入れられてきました。
今回の「エアカウンターEX」は、「エアカウンター」を手がけた※ホシデン株式会社(本社:大阪府八尾市)との共同開発により"CsIシンチレーション式"ならではの圧倒的な高性能でこれまでにない低価格を実現しました。
 

※ホシデン株式会社 Hosiden Corporation
  所在地:大阪府八尾市北久宝寺1-4-33
  資本金:136億60,279千円
  設立:1950年9月14日
  事業:1.電子・電気機械器具および同部品ならびに自動車部品の製造、販売
     2.情報通信機器、事務機器、医療機器および部品の製造、販売
     3.前各号に付帯する一切の事業


エアカウンター

エアカウンターS
   


 

「エアカウンターEX」


エステーの家庭用放射線測定器の第3弾となる「エアカウンターEX」は、検出方式に、これまでのSi半導体から、より高性能の"CsIシンチレーション 式"を採用しています。これによってCs137の測定感度が格段に高まり、その測定時間は既存の「エアカウンターS」の最長2分に対し1/4の約30秒と 測定時間を大幅に短縮しました。
また、精度も±15%とこれまでの±20%から高め、低線量時でもより精度の高い測定ができ、移動しながらでもホットスポットを高精度に特定できます。測 定範囲は、現行機種の0.05μSv/h~9.99μSv/hから、 0.01μSv/h~99.9μSv/hに大きく広げて、除染事業者などの高いニーズにも対応しています。
さらに、計測中に放射線を感知する度にブザーが鳴る機能や、計測完了後、5秒毎に数値を更新しながら、連続測定が可能となっています。
本体は、「エアカウンター」同様の約82mm×62mm×34mmの丸みを帯びたコンパクト設計で、持ちやすく、使う人にやさしいデザインとなっています。
また、操作はボタンひとつで簡単にでき、表示部には40mm×25mmの大型液晶を採用して文字も大きく見やすい設計です。
 

「エアカウンターEX」は地上から1mの高さにおいて放射線のひとつである空気中のガンマ(γ)線を0.01μSv/h~99.9μSv/hの範囲において片手で簡単に測定できます。(μSv/h=毎時マイクロシーベルト)
測定の仕組みは、放射線が入るとシンチレータが微小な光を発し、この光をフォトダイオードで得られるパルス電流を計数化することで、1時間あたりの人に対する放射線の影響がどれだけあるかを表す単位である毎時マイクロシーベルトに変換し表示します。
この測定値については、国の認定を受けた第三者機関によって、国家標準に基づいた校正を実施し、承認を受けています。
電源には単4アルカリ電池2本を使用し、連続駆動時間は標準的な使用環境で約125時間です。
 

「エアカウンターEX」で採用している"CsIシンチレーション式"は、1年を超えて使用した場合、校正作業が必要になる場合があります。このため、ユーザーに向けて簡易校正サービス(有償)を行う体制を整える予定です。
これらのアフターサービスをよりスムーズに行えるよう、販売ルートは指定販売ルートおよび当社のインターネット通販とします。


エアカウンターEX
   



小冊子【正しく覚えよう!放射線の基礎知識】


報道や風評による不安を抱える中、首都大学東京大学院・人間健康科学研究科放射線科学域の福士政広教授が監修した「正しく覚えよう!放射線の基礎知識」 は、第1章の「放射線とは何ですか?」から始まり、第5章の「放射線に関する疑問あれこれ」のQ&Aまで、A5判フルカラー30ページにイラストや画像を 多用し、放射線に関する情報を網羅しました。
第1章では、日本における自然放射、放射線と放射能の違い、報道等で頻繁に出てくるベクレルやシーベルトなど単位の定義、第2章「放射線を浴びるとどんな 影響があるのですか?」では、日常生活での被ばく、放射線の人体への影響、第3章「被ばくを防ぐには?」では、放射線防護の原則、公衆の線量限度、第4章 では「日本の現状とは」として最近の報道で話題になるホットスポットについてなど、最後の第5章では、洗濯物や布団を外に干して大丈夫?や子供を外で遊ば せても大丈夫?など素朴な疑問に答えます。

目に見えない放射線で、不安にさらされている多くの生活者に向けて、何か役に立つことはないかとの"思い"、そして子供たちが将来、安心して暮らせるため に"今、何が必要なのか"の答えが家庭用放射線測定器の第1弾となった「エアカウンター」の発売でした。これは、需要に生産が追い付かなかったことから、 次の「エアカウンターS」では、量産体制を整え、より性能をアップしながら、さらにリーズナブルな価格を実現し、一般家庭でも手軽に使用できる放射線測定 器としました。

     



教育教材として活用される「エアカウンターEX」


原発事故は、教育機関にも様々な波紋を呼びました。これは放射線が目に見えないことや放射線についての知識が不足していることに起因します。このため文部 科学省は小学校から高等学校までのそれぞれに対応する副読本を発行し、合わせて実習授業が必要であるという啓蒙活動を行っています。
しかしながら、価格の高い放射線測定器では、一人ひとりが実習を行えるほどの配備がなされず、実体験する機会が得られないのが現状です。
エステーでは、こうした背景から、今後、日本人の放射線等の理解と知識を深めるべく、首都大学東京と連携して各地で「エアカウンターEX」を教材にした実習授業を推進していきます。
既に福島県教育委員会や同県会津坂下町教育委員会と連携し、同町立坂下小学校(福島県河沼郡)の6年生を対象として7月4日に、また東京都荒川区と連携し、あらかわエコセンター(東京都荒川区荒川)にて、中学生を対象にした実習講座を8月4日に実施します。

 

製品名 エアカウンターEX
価格

税込み19,800円

発売日 2012年6月20日
※当社インターネット通販は8月初旬予定
販売対象者 自治体、学校、教育機関、除染事業者、※一般家庭など
ルート

指定販売ルートおよび当社のインターネット通販

付属品 単4形アルカリ乾電池2本、小冊子、取扱説明書(保証書)、シリコンジャケット、ストラップ
電池寿命 約125時間(ブザーがOFF時)
検出器 CsIシンチレーション式
測定対象

ガンマ(γ)線(Cs-137基準)

表示数値

1cm線量当量率

測定範囲 0.01μSv/h~99.9μSv/h
誤差 ±15%
測定時間 約30秒
本体サイズ 約82mm×62mm×34mm
本体重量 約101g
校正 校正定数による表示補正済み
製造国 日本
消費者のお問い合わせ先 エステー株式会社(http://www.st-c.co.jp/)
お客様相談室 TEL 03-3367-2120

 

前の画面に戻る