トップページ > プレスリリース > 2007年 > CM

2007.09.13

防虫剤「ムシューダ」新テレビCM “クマの叫び”篇を制作 9月17日からオンエア

防虫剤「ムシューダ」新テレビCM

“クマの叫び”篇を制作
「カーアクション!ぬいぐるみ!」

2007年9月17日(月)から全国でオンエア開始


エステー株式会社は、ニオイがつかない防虫剤の定番「ムシューダ」シリーズの新テレビCM、“クマの叫び”篇(30秒/15秒)を制作、9月17日月曜日の提供番組から全国放映を開始します。「カーアクション&ぬいぐるみ」という不思議な映像の世界が繰り広げられます。『虫食い穴予防にはムシューダ』という訴求ポイントを、大げさに、かつユーモラスに表現しました。
 「ムシューダ」新CM“クマの叫び”篇から  

 

 

「ムシューダ」新CMを制作
「ムシューダ」新CMストーリー(30秒)


そこは、奇妙な動物たちが暮らす閑静な住宅街。ある一軒家の二階から“キャー”と、凄まじい悲鳴が…(1~2)。クマ君の危機迫る叫び声を聞きつけ、何台ものパトカーがものすごい勢いで、家を取り囲みます(3)。通りがかったウサギの奥さんは、「ムシューダぁ~!」と声を張り上げ、事件現場を指差します。次から次へとパトカーから飛び出してきたのは、帽子と胸に星の金バッジをつけたイヌ、トリ、キリン、サル、ライオンなどの不思議な警官たち。「ムシューダ、ムシューダ、ムシューダ」と甲高い声を連呼しながら、現場に駆けつけます。動物警察署ボス(イヌ)がメガホンに向かい「ムシューダ!」と指示を出すと、SWAT隊がバズーカ砲を構え、2階の事件現場に向けてバゴ~ン!そこに打ち込まれたのは、なんとムシューダ弾。叫びを上げた当のクマ君も、何が飛び込んできたのかとキョロキョロ。これを合図に、ついに警官隊が一斉突入(4)。叫び声の現場に踏み込み、ボスが「ムシューダ!」(5)。が、なんとクマ君の叫びは、大切な洋服にぽっかり開いた虫喰い穴による被害。穴の開いた洋服を警官隊に示し、これまた一言「ムシューダ!」。「防虫の季節です。」のキャプションとナレーションをバックに、警官隊は、「ムシューダ!」「ムシューダ!」と口にしながら、部屋中のタンスの引き出しに「ムシューダ 引き出し・衣装ケース用」を入れ(6)、最後に「ムシューダァァァァ~!」と「ムシューダ クローゼット用」をクローゼットのパイプにかけて、まさに万全の防虫対策を施します。事件解決を喜び、クマ君と警官隊ボスが「ムシューダ」を手にして、「ムシュ~ダ!」の掛け声と共に記念撮影(7)。この模様は、翌日の新聞〔DAILY MUSHUDA JOURNAL〕のトップ記事として報道され(8)、今回の怪事件は、♪ニオイがつかないムシューダ♪とお決まりのメロディとCIカットのエステーのロゴで締めくくり(9)。これにて一件落着。

     

 

 

「ムシューダ」CM制作エピソード
~ 閑静な住宅地、35度の猛暑と着ぐるみ、パトカー8台のカーアクション ~


8月上旬、気温35度を超える猛暑の中、東京近郊の閑静な住宅地の一角を借り切って撮影を行ないました。動物の着ぐるみを着た10人の出演者の暑さは、想像を絶します。まさにサウナ状態の中でもそこは着ぐるみのプロ。過酷な撮影を乗り切りました。一方でパトカーが集結するシーンは、まさにカーアクション。プロのドライバーが、何度も衝突すれすれのハンドルさばきを見せてくれました。全31カット、220テイクを数えるハードな撮影を陣頭指揮したのは、レイヨシモト監督。過酷な条件下でも「最高の撮影日和です」と笑顔。また、消臭ポット、消臭プラグなど大ヒットCMをプランニングしてきた博報堂クリエイティブ・ヴォックスの西嶋真紀氏が初めてクリエイティブディレクター(制作統括)をも行った異色のCMです。

 

 

防虫剤の定番、ニオイのつかない「ムシューダ1年間有効」


「ムシューダ1年間有効」シリーズは、即効性薬剤(フェノキシエタノール)とエンペントリンのダブル防虫成分で使い始めから安定した防虫効果を発揮する衣類にニオイがつかないせんい製品防虫剤です。防カビ剤も配合し、カビの発育を抑え、衣類をカビからも守ります。「引き出し・衣装ケース用(24個入り/32個入り)」、「洋服ダンス用(2個入り/3個入り)」、「クローゼット用(3個入り)」をラインナップしています。価格はすべてオープンです。

2007年秋には、防カビ剤配合について“カビからも守る!”というコピーで、訴求力を強化した新パッケージに「ムシューダ6ヵ月間有効」と共にリニューアルしています。

 

 

放映予定


2007年9月17日(月)提供番組から放映

 

エステー宣伝部ドットコムでメイキング映像も公開!


「ムシューダ」新CM“クマの叫び”篇の撮影時のメイキング映像、こぼれ話などを、エステー宣伝部ドットコムで公開予定です。

http://www.st-sendenbu.com/

 

 

CM制作スタッフリスト
○広告会社:株式会社博報堂
○制作会社:太陽企画株式会社
○クリエイティブディレクター&プランナー:西嶋真紀(博報堂クリエイティブ・ヴォックス)/鹿毛康司(エステー)
○アカウントエグゼクティブ:高橋邦和/和藤崇司/小林祐二(博報堂)
○ストラテジックプランニング:関沢信幸(博報堂)
○プロデューサー:畑忍(太陽企画)
○プロダクションマネージャー:泉家亮太/高柳政義/西山武秀(太陽企画)
○ディレクター:レイ ヨシモト(雨)
○カメラマン:村上賢治(フリーエントリー)
○照明:服部一久
○美術:田代眞澄
○特殊美術:米塚尚史(ハウンテッド)
○特機:難波進(セギル)
○スタイリスト:中本コーソー
○キャスティング:吉田瑞穂(AAC)
○CG:桑原大介(リンダ)、高橋剛/瀧澤栄(太陽企画)
○SE:横山欣也(エクレール)
○オンラインエディター:イシザキコウエイ
○オフラインエディター:レイ ヨシモト(雨)
○ミキサー:横山欣也(エクレール)
○メイキング制作:國井さやか、野口優/三谷沙紀/岡崎さおり(エステー)
○ナレーター:福士秀樹

 

前の画面に戻る