トップページ > 製品情報 > ムシューダ圧縮パック 衣類用

[衣類・人形用防虫剤 - カバータイプ・圧縮袋]

ムシューダ圧縮パック 衣類用

すっきり収納、しっかり防虫

●脱酸素剤が圧縮袋内の酸素を吸収し、衣類を虫から守ります。
●脱酸素剤はニオイがしないので、取り出してもニオイを気にせず着られます。
●衣類を約1/2のコンパクトサイズに圧縮し、すっきり収納できます。
●セーターなら約20着、ジャンパーなら約6着入ります。
●オートロックバルブなので、簡単に圧縮でき、空気の逆戻りもありません。
●バルブは、海外製掃除機に多い凸形状ノズルにも対応しています。

  • 引き出し・衣装ケース用
  • 洋服ダンス用
  • クローゼット用
  • カバータイプ・圧縮袋
  • 和服用
  • 人形用
全て閉じる全て表示する

使用方法

表示する

<衣類の収納前に>
※虫害やカビの原因となるので、下記のことをご確認ください。
●衣類の汚れをきちんと落としてください。
●衣類はしっかり乾燥させ、熱気がなくなるまで冷ましてください。
●クリーニングのカバーなどは外して収納してください。

 

(1)圧縮袋の底部を広げ、衣類をたたんで入れてください。
(2)使用直前に脱酸素剤を袋から取り出し、圧縮袋内の衣類の上に置いてください。
(3)袋の端からもう一方の端に向かってスライダーを滑らせ、ファスナーを閉じてください。指でファスナーを押さえて、きっちり閉じているかご確認ください。
(4)突起物がない床に置き、バルブに直接掃除機のノズルを垂直にあて、1分以内を目安に圧縮されるまで吸引してください。故障の原因になるので、掃除機内のゴミは必ず捨ててからご使用ください。
(5)シールに使用開始月を鉛筆で記入し、圧縮袋の見やすいところに貼ってください。
 


<衣類を取り出す時>
●ファスナーを指先でつまんで開けて、衣類を取り出してください。
●脱酸素剤は再利用できないので捨ててください。
 


<圧縮袋を繰り返し使用する場合>
圧縮袋に穴や傷がないことを確認して、『ムシューダ 圧縮パック 衣類用 つめかえ』の脱酸素剤にお取り替えください。
 


【適用害虫】
イガ類、カツオブシムシ類


【保存方法】
温度が低く、直射日光の当たらない場所に保存すること。
脱酸素剤は密封したまま保存すること。


【収納目安】
セーター約20着またはジャンパー約6着につき
圧縮袋1枚と脱酸素剤1個


<オートロックバルブ>
※海外製凸形状ノズルにも対応
●掃除機のノズルを離すと、自動で内部の弁が閉まるバルブです。簡単に圧縮でき、空気の逆戻りもありません。

使用シーン

表示する

使用イメージ

使用上の注意事項

表示する

●パッケージに記載されている使用量を守って使用する。
●幼児の手の届くところに置かない。
●幼児のいたずらに注意する。
●脱酸素剤の中身を出したり、食べたりしない。万一食べた時には医師に相談する。
●有効期間:使用開始後 約6ヵ月
 6ヵ月を過ぎても圧縮状態に異常がなければ、そのまま保存できる。その場合は衣類の回復率が多少悪くなる。
●使用途中で圧縮袋を開封しない。開封すると、脱酸素状態が保てなくなり、防虫効果が失われる。
●ダウン80%以下の羽毛製品、フェザー20%以上の羽根製品には使用しない。
●ボタンなどの突起物は内側に折りたたみ、圧縮袋に触れて破れないようにする。
●バルブの下に衣類を配置する。バルブの下に衣類がないとバルブにフィルムがはり付き、空気を吸引できない。
●圧縮袋のファスナーを折り曲げたり、ファスナー部分に繊維やほこりなどが入ると密封性が低下するので注意する。
●掃除機の故障の原因となるため、2分以上吸引しない。掃除機が停止した場合は、コンセントを抜いて熱を冷ましてから、再吸引する。
●使用開始時と圧縮袋を開封した際、急激な酸素吸収のため脱酸素剤が多少熱を持つ場合があるが、酸素吸収が進むと発熱はおさまるので問題ない。
●衣類の圧縮率・回復率は、素材や開封後の乾燥状態などで異なる。
●圧縮袋に熱や火を近づけたり、傷をつけたりしない。
●使用後は、地域のゴミ捨て規則に従って捨てる。
●用途以外に使用しない。

応急処置方法

表示する

●万一、脱酸素剤が目に入った場合は、すぐに流水で充分に洗う。
●万一、脱酸素剤を口に入れた場合は、すぐに吐き出させうがいをさせる。

品名 衣類用圧縮保存袋
用途 衣類の防虫・圧縮収納
※型くずれやシワが気になるものは避けてください。
成分 脱酸素剤(鉄粉、保水剤、水分、塩類、活性炭)
内容量 ●スライダー付衣類用圧縮袋 1枚
(幅48cm×高さ80cm×マチ32cm)
●脱酸素剤 1個
<つめかえ:脱酸素剤 1個>
有効期間 有効期間:使用開始後 約6ヵ月
6ヵ月を過ぎても圧縮状態に異常がなければ、そのまま保存できる。その場合は衣類の回復率が多少悪くなる。

衣類・人形用防虫剤の他の商品