トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 子どもの「段取り力」「考える力」を伸ばす お手伝いのすすめ

季節のくらし

子どもの「段取り力」「考える力」を伸ばす お手伝いのすすめ


1級家事セラピスト
粂井優子さん
プロフィール

「お手伝いはあらゆる子どもの問題を解決できると思うんです!」と言う家事セラピストの粂井優子さん。文部科学省の統計資料でも、お手伝いを多くしている子どもの方が道徳観や正義感があるという結果が出ているそう(2012年「青少年の体験活動等と自立に関する実態調査」より)。お手伝いがなぜ大切なのか? 粂井さんにお伺いしました。

子どもが感謝される貴重な場

お手伝いとは、その名の通り人を助ける行為です。親が子どもに感謝をする、貴重な機会。「ありがとう」「助かるよ」と言ってもらうことで、自尊感情が高まると言えるでしょう。
お手伝い以外で、子どもが日常的に家族から「ありがとう」を言われることはなかなかないのではないでしょうか。
勉強では、褒められることがあっても「ありがとう」はなかなかありません。
お手伝いをしてもらうことで、親が子どもに感謝の気持ちを伝えるよい機会を作れるのです。

子どもにたくさんの力が身に付く

お手伝いにはさまざまな種類があります。
毎日お手伝いを続けることで、忍耐力が養われるでしょう。また、時間を工面したり、効率のよいやり方を考えたりする思考力、待ち時間に別のことをするというダンドリ力などが付きます。
失敗してもまたやるという逆境力や、任せることによる責任感なども。さらには、家族を思う思いやりの心も身につきます。
家事にはさまざまな要素が詰まっており、それを手伝ってもらうことで子どもに大きな力をつけてあげることができるのです。

お手伝いしながら親子のコミュニケーションが生まれる

面とむかってはなかなか口を開かない子どもも、一緒に家事をするとぽつりぽつりと話をしてくれることがあります。洗濯物を畳みながら、野菜を切りながら、「学校でこんなことがあってね」と話し始めるそう。
確かに自らを振り返っても、作業をしているときの方が話しやすい感情はわかるのではないでしょうか。

「ダメ出し」はアウト!

お手伝いをしてもらったら、気をつけたいのは声がけです。つい「ダメ出し」をしたくなりますが、「ダメ出しはしない」を原則にしましょう。
まず満面の笑みで「ありがとう」「とても助かった」と伝えましょう。足りないところがあっても、基本的には目をつむります。子どもが自分で改善していけるからです。
どうしても「直して欲しい」ということがある場合は、感謝の気持ちを伝えた後に「次からはこうしてね」と伝えるとよいでしょう。


プロフィール

1級家事セラピスト
粂井優子さん

1級家事セラピスト、整理収納アドバイザー。社会人、大学生、高校生男女3人の母。独立行政法人で役員秘書として勤務。退職後、不登校児を預かり暮らした経験から、心理学を学ぶ。2012年より共同主宰している「親を楽しむサロン」のほか、「暮らし、夫婦、子ども、仕事、こころ みんなに笑顔を」をキャッチフレーズに、家事・子育てに関する各種講演、講座、ワークショップ、企業研修を全国各地で開催。講師・プランナーグループ「Home to Work」代表。オフィシャルブログはこちら