トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 人気クローゼットオーガナイザー林智子さんに聞く! 気持ちが上がる! 服選び&クローゼット収納術

季節のくらし

人気クローゼットオーガナイザー林智子さんに聞く! 気持ちが上がる! 服選び&クローゼット収納術


着こなしはシンプル&ベーシック!

クローゼットオーガナイザー
林智子さん
プロフィール

服の枚数はあるはずなのに、「今日着ていく服がない!」ということはよくあるのでは? それはもしかしたら、服選びや収納方法が間違っているのかもしれません。毎日無理なくおしゃれに過ごせる服選びを、ライフオーガナイザーであり、クローゼットオーガナイザーとしても人気の林智子さんに伺いました。

着こなしを考えてベーシックアイテムをそろえる


服は「着回しのことを考えて選ぶのがお勧め」と言う林さん。そのための服は、味付けのないシンプル&ベーシックなものを選びましょう。主役級の服はいらないのです。
例えば、1着だったら素敵なリボンのついたブラウスは「かっこいいコーディネート」の時には使えません。無地のシンプルな白いブラウスなら、合わせるものや着こなしによって「かわいい」にも「かっこいい」にもできるのです。
「8割ベーシック、2割トレンド」を目安に揃えましょう。

ライフスタイルに合わせて少ない服で着回しを

女性のライフスタイルは、結婚や出産、育児、子供の成長などにより変わっていきます。年齢と共に似合う服も変わります。たくさん服を持ちすぎずに、少ない服をたくさん着まわして、数年で入れ替えるとよいでしょう。今のライフスタイルに最も適した、一番素敵な服を着てください。
「定番」と呼ばれる服も毎年少しずつ変わっていきます。シャツひとつとっても、襟の開きや大きさ、丈やフィット感など、「今っぽさ」はどんどん変化していきます。いくら定番ものでも何年も前に買ったものを着ていると、古い印象を与えてしまいます。
また服の割合もライフスタイルに合わせましょう。「会社に着て行く服はあるのに、週末遊びに行くための服はない!」など、場面によって服が足りなくなってしまうのは、ライフスタイルとアイテムの割合があっていないから。1週間のうち、5日間会社に行き、2日は家族と過ごすなら、服の割合も5:2にしましょう。

小物で印象を変える。気分を上げる


定番服ならアクセサリーでカジュアルにも、ドレッシーにもできます。シンプルな白シャツに黒いパンツを持っていれば、スニーカーを合わせてカジュアルにもできますし、ネックレスやバングル、大ぶりのピアスなどを付けて、おしゃれなお店に行くことも。小物をプラスすることでおしゃれを完成させましょう。


プロフィール

クローゼットオーガナイザー
林智子さん

骨格スタイル協会認定講師。SMART STRAGE!所属。ファッション業界での経験を生かし、個人のクローゼットの片づけと、スタイリングのサービスを提供。著書は『だれにでもつくれる最強のクローゼット』(ワニブックス)。オフィシャルブログはこちら