季節のくらし

人気インスタグラマーおさよさんに聞く 忙しくても手軽にできる! 「ほったらかし掃除」と「ついで掃除」のすすめ


さっとひと拭きを心がければ、毎日ピカピカなキッチンに

人気インスタグラマー
おさよさん
プロフィール

毎日使うキッチン。家族が過ごすリビングに近いからこそ、きれいな状態にしておきたいですね。ここでも、「ほったらかし掃除」「ついで掃除」が大活躍! Instagramが大人気のおさよさんに、夜の間にきれいになるテクニックを中心に教えていただきました。

【ほったらかし】水栓の水垢を取り、ピカピカにするラップパック

スプレーボトルにクエン酸水(水300ml、クエン酸大さじ1くらい)を作っておきます。ステンレスの水栓部分にスプレーして、キッチンペーパーを巻きます。キッチンペーパーがひたひたに濡れるくらいがよいでしょう。その上からラップをかけて、クエン酸水が蒸発しないようにします。
夜寝る前にセットしておいて、朝になったら外して拭き取ればOK。日中に掃除する場合は、3時間くらい時間を置けば大丈夫です。

【ほったらかし】シンクもラップパックで美しく

シンクも、水栓と同様に美しくしましょう。水垢や曇りが気になる箇所にクエン酸水をスプレーして、その上からラップをかぶせます。こちらは、キッチンペーパーは不要。
夜寝る前にセットして、朝になったらラップを外します。それでもまだ水垢が残っていたら、さらにスプレーをかけながらスポンジやブラシでこするとよいでしょう。もっとひどいときには、クエン酸の粉末をそのままかけてブラシなどでこすって掃除してみてください。

【ほったらかし】IHクッキングヒーターの焦げ付きには洗剤パックが効果的

茶色く焦げてしまいがちなIHクッキングヒーターも、ほったらかし掃除で解決です。
クリームクレンザー(重曹120ml、液体せっけん60mlをよく混ぜる)を作り、汚れが気になる部分に塗ります。その上からアルカリ電解水(100円ショップなどで販売)をスプレーし、ラップを上からかぶせます。これは1時間くらい置いたら、ラップを外して拭き取りましょう。

【ついで】ボトルの液だれをキャッチするキッチンペーパー

面倒な冷蔵庫の掃除は、買い出しの前に少し手間をかけるだけでぐっと楽になります。ドアポケットに立てているソースやドレッシングは、知らないうちに液だれしているもの。あとで掃除するのは大変なので、事前にキッチンペーパーを適当な大きさに折りたたんで敷いておきます。
買い出しの前に冷蔵庫をのぞいたら、キッチンペーパーを取り換えます。古いキッチンペーパーにはアルコールスプレーをかけて、冷蔵庫の汚れが気なる箇所を吹きましょう。週一くらいのちょっとした手間で、「しつこい汚れ」になる前に対処できます。

【ついで】ケトルはアツアツのうちに拭く

気づけば焦げ付きが気になるケトル……。汚れがひどくなる前に、日々のケアできれいに保ちましょう。
お湯を沸かした後、あたたかいうちは汚れが取れやすくなっています。そこで、クエン酸水をふきんにスプレーして拭きます。それだけで、ピカピカに。ぜひ試してみてください。

【ついで】どこでもアルコールでひと拭き

スプレーボトルに入れたアルコールとウエスで、何かのついでに水栓やシンク上など、ステンレス部分をさっとひと拭き。ステンレスがピカピカになれば、気分がすっきり。おさよさんおすすめの簡単掃除です。


プロフィール

人気インスタグラマー
おさよさん

家事と暮らしを投稿しているInstagramは、子育て中のお母さんを中心に、フォロワー26万人という人気。整理収納アドバイザー。整理収納教育士。7歳男の子と4歳女の子、2児の母親。近著に「家事ぐせ」(主婦の友社)。福岡のローカル番組を中心に、テレビでも活躍中。掃除や整理収納などのセミナーのほか、雑誌にも多数掲載。