季節のくらし

3.クローゼット編


毎日アクセスするクローゼット。一日お世話になった服をしまったり、出かける前に服選びをする際、効率よく、気分よく過ごしたいもの。クローゼットの収納・インテリアにもいくつかのコツがありました。

<瀧本家のクローゼット>持ちすぎない衣類ですっきりと清潔に

09

最近収納を見直してすっきりさせたクローゼットは、瀧本さんのお気に入り。清潔感と「持ちすぎない」ことが大切なのだとか。定期的に要・不要を見直し、必要な衣類だけを持つことが重要です。

すっきりさせたことで、着る服を選びやすく、洗濯したあとも片付けやすくなったのだとか。家事のモチベーションもアップします。

瀧本さんのワンランクアップ・ポイント

・ハンガーを統一する
・洋服を色ごとで収納する
・ギュウギュウに詰め込まない

<片岡家のクローゼット>季節ごとの衣替えで、取り出しやすく、見やすい収納を

10

壁一面を白い収納にして、スッキリ見せられるクローゼット。どうしてもきれいに収納できないときでも、扉を閉めればスッキリ見えてほっとするのだとか。

自分の衣類を収納できるスペースは少ないため、季節ごとに衣替えをして、常に取り出しやすく、見やすく、を心がけています。

11

ハンガーを揃えるだけで、収納の効率がアップ。クローゼット内が格段にアクセスしやすくなります。片岡さんが使っているのはダッチハンガー。細いので枚数が多くかけられ、落ちにくいのでおすすめ。

片岡さんのワンランクアップ・ポイント

・下着の引き出しにはサシェを。下着の出し入れで開けるたびにふわっと香ります

かけるだけで上質な香りのクローゼットに

12

クローゼットの空間にかけるだけの「SHALDAN フレグランス for CLOSET」。置き場に困らず、さりげなく上質な香りを漂わせてくれます。香水にも使われるフレグランス成分が調合されているので、服選びの際にも気分がアップ。気持ちよくお出かけができそう。


プロフィール