季節のくらし

2.休日編


ファッションアドバイザー
日比理子さん
プロフィール

お休みの日には、ちょっとカジュアルに、または、いつもよりかわいく装いたいもの。デート編、女子会編と分けて、おすすめコーディネートをうかがいました。ちょっとしたコツで、デートや女子会も我慢せずに過ごしたいですね。

デート編~カラフルなスカートがポイント! 厚手タイツであったか

20170117code-05ol
デートに選びたいスカート。トップスや膝下をシンプルにして、からし色や、落ち着いたピンクなどはっきりした色合いを選べばいつもとはひと味違うコーデに。
トップスはグレーのニットなどであえてシンプルに。足もとは黒いローファーや、レースアップのレザーシューズなどに、同系色でつやのないコットンタイツを合わせるとかわいい印象が作れます。
スカートは膝下の冷えが気になるかもしれませんが、厚手のタイツを選び、靴の中やタイツに専用の使い捨てカイロを使えば、足もとを冷えから守ってくれます。
ヘアスタイルはポニーテールでかわいく。コテやカーラーで巻いてから逆毛を立てて、少し上の方で結べばキュートに仕上がります。

女子会編~デニムやブルーシャツでもあったか。こなれ感を大切に

20170111code-06ol

女子会にはリラックスできるデニムはいかが? いつものアイテムも着こなし次第でぐっとおしゃれになります。
スリムやぴったりしすぎないスキニーに、ブルーのシャツをイン。おしりが隠れるくらいのカーディガンを羽織れば、腰回りもあたたかく。寒い日のお出かけには、機能性インナーと貼るカイロもプラスしましょう。

ブルーに合わせる小物は、反対色の茶色。この組み合わせは、イタリア紳士などもよく使っているのだとか。ベルトには細めの茶色を選び、バッグも茶系を合わせれば、ぐっとおしゃれな雰囲気に仕上がります。可能なら、時計も茶色のベルトにすればばっちり。

カジュアルなので、靴はパンプスで。色をたくさん使っているように見えますが、茶色と黒以外は、青、水色、ネイビーと、同系色でそろえているのでケンカしません。

温活ポイント! 靴の中や腰回りに使い捨てカイロを活用

寒いからと敬遠しがちなスカートや短め丈のパンツ。でも、靴の中に入れるタイプや靴下やタイツに貼るタイプの使い捨てカイロを活用すれば、足もとの冷えを防ぎながらさまざまなファッションが楽しめて、コーデの幅が広がります。
また、ショート丈のコートなど、腰回りが気になるときは、お腹や背中に使い捨てカイロを貼りましょう。
20170118code-08ol


プロフィール

ファッションアドバイザー
日比理子さん

国内系客室乗務員として10年勤務。その後ファッションを学ぶためアパレル業へ転身。販売、物流管理、VMDなどを学ぶと同時にAFT色彩コーディネーター、骨格スタイルアドバイザーの資格を取得。現在はセミナーや講演、女性誌などを中心に活動中。著書に『MY STYLING BOOK』(大和書房)