トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 防虫対策総まとめ~虫食いの原因から防虫剤選びのポイントまで~

季節のくらし

防虫対策総まとめ~なぜ虫食いされるの?


衣替えの季節、しっかり対策しておきたいのが衣類の防虫です。大切な衣服の虫食いを防ぐには、収納環境や防虫剤の選び方など、いくつかポイントがあります。長年、防虫剤の研究に取り組んでいるエステーが、正しい防虫対策の基本を総まとめしました。

気づかぬうちに虫食いされているかも?

防虫p1_01ol-1虫食いは、衣類害虫の幼虫が衣類を食べることでおこります。「我が家のきれいな部屋に限って虫なんかいない」と思っている方、それは大きな間違いかもしれません。
密閉性が高く、年中暖かい現代の家屋は、人だけでなく衣類害虫にとっても快適な環境です。
衣類害虫の成虫は、屋外に干した洗濯物や窓などから家の中に侵入し、クローゼットなどの収納場所や衣類に卵を産み付けます。それがふ化して幼虫となって衣類を食べ、また成虫に育って、再び産卵する、というように、世代が重ねられることもあります。高層階のマンションでも、衣類害虫は侵入してくる可能性があるので油断できません。

衣類害虫の種類と虫に食べられやすい衣類

日本にいる主な衣類害虫は、甲虫の「カツオブシムシ」と蛾の一種「イガ」の仲間。細かく分けると、「ヒメカツオブシムシ」「ヒメマルカツオブシムシ」「イガ」「コイガ」の4種類が挙げられます。これらの害虫が「幼虫」のときに、家の中で衣類などをエサにして成長するのです。
04_il001
一番数が多いのはヒメマルカツオブシムシで、4~5月頃に大発生します。起毛部分から、衣服の繊維が薄くなるように広範囲に食べるのが特徴です。
イガは多ければ年に3回発生します。ヒメマルカツオブシムシほど見かける機会は多くありませんが、鳥の羽や巣などにいます。衣服の1カ所を集中して食べる傾向があります。

衣類害虫が活動しやすい条件は?

防虫p2_01ol防虫対策で大切なのは、衣類害虫が住みやすい環境をできるだけつくらないこと。虫の活動は、以下の条件で活発になるので、これらを踏まえた上で、防虫対策を行いましょう。

①温度・・・気温15~25度で衣類害虫が活発に。30度を超えると活動が鈍くなる
②湿度・・・虫は湿度60%以上のジメジメした場所が大好き。
③栄養・・・衣類害虫は繊維やたんぱく質を食べる。ほこりも大好きで、汚れたタンスやクローゼットは天国


プロフィール