トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 今日からすぐに始められる“空気の汚れ”対策 身近な空気を“健康”に!

季節のくらし

今日からすぐに始められる“空気の汚れ”対策 身近な空気を“健康”に!


埼玉大学大学院
理工学研究科・准教授

王青躍さん
プロフィール

空気中には黄砂や花粉、車の排ガスなどさまざまな物質が浮遊しており、これらの“汚れた空気”による健康への悪影響が心配されています。近年とりわけ話題のPM2.5をはじめとする、さまざまな“空気の汚れ”の正体や対策方法について、埼玉大学大学院理工学研究科の准教授・王青躍さんに聞きました。

目に見えないPM2.5の正体は?

「PM2.5」とは、大気中に浮遊するさまざまな成分のうち、粒径(粒の大きさ)が2.5μm以下の粒子を表す総称。つまり、「PM2.5」という特定の物質やウイルスが存在するわけではありません。1μmは1000分の1mmと非常に小さいため、PM2.5は体の奥へと入り込みやすく、健康に及ぼす影響が大きいのが特徴。髪の毛やほこり、花粉、ウイルスなどに比べて、下図(左)のように差があります。粒径の大きな成分は喉や目の粘膜がキャッチしてくれますが、小さな成分は咽喉などをくぐり抜けて気管や肺まで到達し、沈着するため、PM2.5には注意が必要なのです。
index_img_01

排気ガスや喫煙など身近にも発生源がある

PM2.5は、中国から来る大気汚染物質と思われがちですが、実は国内にも原因があるもの。火山の噴火など自然由来で生まれる場合もありますが、工場や自動車、物の燃焼など、人為的に発生するケースが多く、発生源から直接大気中へ放出される一次粒子と、硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)といったガス状の大気汚染物質が、化学反応を起こして生成される二次粒子があります。
また、家庭内では喫煙や調理、石油ストーブの使用といった日常的な行動から発生する場合も。だからこそ、身近な“空気の汚れ”に目を向けることが大切なのです。
index_img_02

黄砂や花粉にも要注意

これからシーズンを迎える黄砂にも注意が必要です。黄砂とは、冬から春にかけて中国大陸内部の砂漠や高原から、風によって巻き上げられた土壌の粒子が、偏西風に乗って日本に飛んでくる現象。黄砂は、飛散してくる途中で、大気中の硫黄酸化物や窒素、炭素、ウイルスなどを吸着していきます。別の物質との合流によって徐々に粒子が破壊されて小さくなり、いずれPM2.5に変化してしまうことがわかっているのです。
また、スギやヒノキの花粉にも気を付けたいところ。花粉本来の粒径は30μmと大きいのですが、空気中の大気汚染物質に接触すると、細胞が壊れやすくなり、亀裂が入ります。そこから水分を吸収することで、花粉の細胞が破裂。最終的には、PM2.5より小さい粒子になることがあるのです。破裂してむき出しになったアレルゲン物質は、人体の奥まで届きやすくなるため、花粉症などのアレルギー症状がより強くなるケースも。近頃は地球温暖化によって花粉と黄砂が2月頃から同時に発生しているため、さらに危険性が高まっています。

“空気の汚れ”の身体への影響

index_img_03前述したとおり、2.5μm以下の粒子は体内の奥まで入り込みやすいのが特徴。侵入を防ぐために涙や咳といった症状が出ることもありますが、気付かないまま呼吸器まで達し、沈着してしまうケースも少なくありません。気管支や肺といった呼吸器系の病気・炎症はもちろん、細胞が傷つけばガンになる場合も。人体の酵素と反応して、脳や血液の病気、細胞の老化を引き起こすともいわれています。
人間は一日に14,000~15,000リットルもの空気を吸っています。食料や水にはさまざまな選択肢が用意されているのに、空気は自分で選べないのが現状。だからこそ、身の回りの空気をケアし、質を高めていくという意識が重要なのです。


プロフィール

埼玉大学大学院
理工学研究科・准教授
王青躍さん

工学博士。環境科学研究者。都市大気汚染計測、対策技術、再生可能なエネルギー開発などを行う。特に、近年、都市部花粉とそのアレルゲン物質の挙動、PM2.5などの大気汚染による花粉症への増悪、花粉症や大気汚染対策について、NHK総合テレビの「おはよう日本」をはじめ、四十数件のテレビ番組等に出演。ほか、新聞・雑誌でも研究結果が数多く取り上げられている。

公式サイト: http://park.saitama-u.ac.jp/~wang_oseiyo