トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 忙しいあなたに!3つのポイントで がんばりすぎない大掃除

季節のくらし

家に潜むニオイをチェック!場所別の対策で気になるニオイを徹底解消


監修/住宅情報アドバイザー
藤原千秋さん
プロフィール
冬の大掃除は無理をしないことが大切!

「大掃除」と言うと年末にまとめてやる、という方が多いですが、実は12月はお掃除には不向きな季節。寒くて風邪をひきやすい上に、年賀状を書いたり、集まりも多かったりと、いつも以上に忙しく、お家のすべての場所をきれいにするのは大変です。住宅情報アドバイザーの藤原千秋さんに、3つのポイントに絞った、気軽にできる大掃除の進め方を伝授してもらいました。家族みんなで協力して、新しい年をみんなで気持ちよく迎えましょう。

がんばりすぎない3つのポイント

①冬にこそおすすめしたい 冷蔵庫の整理&徹底除菌!

寒い冬だからこそぜひやっておきたいのが、冷蔵庫のお掃除。気兼ねなく冷えた食材を出して掃除ができるので、冬のお掃除におすすめです。
詳しくはこちら

②家の顔である玄関をキレイにして、気持ちよく新年を迎える準備を!

元々大掃除は、新年の安泰を願い、神様をお迎えするための行事でした。一年の締めくくりとして、玄関をぴかぴかにすれば、気持ちもすっきりと新年を迎えられます。
詳しくはこちら

③さらに、気になる場所をもう一カ所お掃除しましょう!

冷蔵庫と玄関の掃除にプラスして、いつも気になっていたけれど、なかなか手がつけられなかった場所を一か所だけ選び、徹底的にきれいにしましょう。
詳しくはこちら

大掃除を始める前に 身近なお掃除のお助けアイテム

今回は、一つ用意するだけで色々な場所に使える、身近なアイテムを使ってできるお掃除方法をご紹介します。
まずは、「重曹」「クエン酸」「エタノール」、それに「スプレー容器」を用意しましょう。どれも、ドラッグストアやスーパーなどで手に入るものばかりなので、手軽に始められます。その他、家庭用手袋や、必要に応じて古いタオルやスポンジ、新聞、メラミンスポンジなどを揃えると、よりスムーズにお掃除が進められます。

重曹

index_il001 (1)重曹は弱アルカリ性の食品添加物で、胃薬などにも含まれている成分です。油やたんぱく質などを溶かす性質をもつため、特にキッチンの油汚れなどに力を発揮します。重曹の粉末は自然の研磨効果もあるので、こびりついた汚れなどをやさしく落とすのに適しています。
一方、畳や毛足の長いラグ、無垢の木などには向いていません。

■重曹の使い方
場所によっては粉末のまま使用しますが、「重曹水」を常備しておくと便利です。重曹水の作り方は、約100 mlの水に対して、小さじ1杯の重曹をスプレー容器に入れて溶けるまで軽く振るだけ。
掃除の後は水を流すか水拭きをしましょう。

クエン酸

index_il002クエン酸は、弱酸性の食品添加物で、水垢や石鹸カスなどの汚れをゆるやかに剥離させたり、消臭・除菌の効果があります。ただし、大理石やコンクリートには使用できません。クエン酸の代わりに酢を使う場合もありますが、酢は揮発しやすく、独特の酸っぱいニオイが漂ってしまうので、お掃除にはクエン酸のほうが向いています。

■クエン酸の使い方

場所によっては粉末のまま使用しますが、「クエン酸水」を常備しておくと便利です。重曹と同様に、約100 mlの水に対して、小さじ1杯のクエン酸をスプレー容器に入れて軽く振って溶かします。

エタノール

index_il003エタノールは、アルコールの一種で、水にも油にも溶けやすく、揮発性があります。殺菌作用があるので、消毒や除菌などにも効果があります。

■エタノールの使い方

きれいにしたい場所に直接スプレーして使います。エタノールスプレーは、自分でも作ることはできますが、耐久性のある容器でないと溶ける場合もあるので、市販のスプレータイプになったものを購入するのがおすすめです。

※対象物によっては、キズや色落ちが目立つ場合があるので、使用する前には必ず目立たないところで試してからご利用ください。
  人体に影響がでた場合は、ただちにご使用をお控えください。


プロフィール

監修/住宅情報アドバイザー
藤原千秋さん

住宅メーカーの営業出身で、おうちのお掃除から建築基準法まで知り尽くす、住まい全般のスペシャリスト。執筆、取材、講演会などを行うなか、3人姉妹の母としても忙しい毎日を送っている。『「ゆる家事」のすすめ いつもの家事がどんどんラクになる!』など著書多数。