トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > 介護している部屋のしみついたにおいに悩んでいます。原因と対策を教えてください

介護している部屋のしみついたにおいに悩んでいます。原因と対策を教えてください


在宅介護に携わっている方にとって、介護特有のにおいは深刻な悩みのひとつです。エステーでは、これまで培ってきた消臭技術のノウハウをもとに、においの原因や対策を考えてきました。介護する人・される人が、快適に過ごせる方法をご紹介します。



介護特有のにおいは、しみついた尿が原因

トップ画像

エステーが、自宅で介護している方を対象に行った調査では、「介護時のにおい」がお困りごとの上位に挙げられました。掃除をしても取り切れない部屋にしみついたにおいに多くの方がお悩みです。
このにおいの正体は、排泄した尿から発生する「しみつき尿臭」です。
尿漏れやトイレに失敗して床や寝具などについた尿が、時間の経過とともにイヤなにおいとなって漂います。
排尿直後の尿のにおい(アンモニア)は、そこまで強くありません。しかし時間がたつと、尿にバクテリアが増殖することで、アンモニア以外にも「アミン類」と言われる成分が発生します。これらの成分はアンモニアよりも、少量でにおいを感じる成分です。こうした成分が「しみつき尿臭」として介護空間に残り続けてしまいます。

Print

介護のにおいケアは、洗濯と専用消臭剤で対策を

「しみつき尿臭」は、尿がしみついた寝具などを洗濯するなど清潔にしておくことが対策になります。
しかし、尿がついた布団やマットレスを洗うのはそう簡単ではありません。実際に、「介護される方の衣類や寝具の洗濯」が介護時の困りごとになっていることも調査で分かっています。
こうした対策が難しい場合は、介護のための専用消臭剤をぜひ活用してください。介護空間で発生するにおいの撃退に特化した消臭剤を使えば、より効果的なにおい対策が行えます。
気温が高くなる季節は、バクテリアが繁殖しやすく、においも発生しやすくなります。専用の消臭剤をプラスして、介護する側もされる側も快適に過ごせる空間を作ってください。

クエン酸の力で介護空間を清潔に

エステーでは、介護現場の不満・不便を解決する新ブランド「エールズ」を立ち上げました。介護におけるにおいを解決する専用消臭剤として、置き型消臭剤の「エールズ 介護家庭用 消臭力」、ふとんや枕に使える「エールズ 介護家庭用 消臭力 ふとん消臭スプレー」「エールズ 介護家庭用 消臭力 ポータブルトイレ消臭シート」を発売しています。

エールズシリーズでは、すべての製品にクエン酸を配合しているのがポイント。クエン酸がアンモニアやしみつき臭の原因になるアミン類などのアルカリ成分を中和して消臭します。
さらに、クエン酸以外にもしみつき臭や体臭に効果的な香料成分をプラス。「玄関・リビング用 消臭力」と比較して、しみつき尿臭の原因になる成分「アンモニア」は約3倍、アミン類である「トリメチルアミン」は約4倍速い消臭効果があり、介護空間特有のにおいを効果的に消臭できます。

エールズ3アイテム