トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > 家の中でできる花粉症対策について教えてください。

家の中でできる花粉症対策について教えてください。

花粉症の人にとって、花粉の飛散量が増えるシーズンはつらいですよね。せめて家にいるときくらいは、快適に過ごしたいものですね。

家の中でできる花粉症対策には、大きく分けて2つのポイントがあります。「花粉を家の中に入れないこと」、そして「入り込んでしまった花粉は取り除くこと」です。



花粉を家の中に入れないようにしましょう。

屋外の花粉が家の中に入ってくる原因となるのは、主に“部屋の換気”や“ふとんや衣類への付着”です。まずはこの2点を見直していきましょう。

部屋の換気は、花粉の飛散が多い日中はできるだけ避け、朝や夜に行うようにすると効果的です。窓を開けるときは、全開にせずに、網戸やレースのカーテンを閉めることで、花粉の侵入を減らしましょう。
16_il001
また、外に干したふとんや洗濯物には、たくさんの花粉が付着していますので、そのまま室内に取り込んでしまうと、花粉も一緒に室内に持ち込んでしまうことになります。花粉の飛散量が多い日はなるべく外に干さずに、日当たりのよい部屋に部屋干ししたり、乾燥機を賢く使うなど、工夫しましょう。ふとんの部屋干しは、椅子を使うと便利です。「外に干さないと、ふとんのジメジメやニオイが気になる」という方には、ふとん用の除湿シートやふとん専用の消臭スプレーがおすすめです。
16_il002
その他、帰宅時には、玄関に入る前に衣類や髪に付着した花粉をブラシや手で払い落としてから部屋に入る習慣を身につけることで、室内に入り込む花粉を最小限に抑えることができます。

入り込んでしまった花粉は取り除きましょう。

花粉を家の中に入れないよう気を付けていてもすべての花粉の侵入を防ぐことは難しいですよね。
次に入り込んでしまった花粉を取り除く方法をご紹介します。

まずは、床に落ちた花粉は、拭き掃除で取り除くのが効果的。いきなり掃除機をかけると床に落ちている花粉が舞い上がってしまうので、拭き掃除の後にしましょう。

人がたくさん出入りしたり、頻繁に開け閉めされる玄関や窓の近くは、特に花粉がたまりやすいので、念入りに掃除しましょう。

また、空気が乾燥していると花粉が舞いやすくなるので、室内の加湿も大切です。