トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > じめじめ湿気が気になるなあ、と思っていたらカビを発見!家の中にカビを発生させない方法はありますか?

じめじめ湿気が気になるなあ、と思っていたらカビを発見!家の中にカビを発生させない方法はありますか?

家の中でカビを見つけるとショックですよね。まず、カビを発生させないようにするための第一歩、カビの発生条件を知っておきましょう。
カビが発生する条件は大きく分けて、「温度」「湿度」「栄養」の3つです。



発生条件のひとつだけでも取り除く

実は家の中の空気中には、目には見えない無数のカビの胞子が浮遊しています。この胞子が室内の表面に付着し、5℃~35℃前後の「温度」、付着した表面の「湿度」、「栄養」の3つの要素がそろうと、「目に見えるカビ」となるのです。人間にとって快適な温度は、カビにとっても居心地の良い温度。そこで、カビを防ぐためには、3つの条件の中の「湿度」と「栄養」のコントロールが大切なポイントとなります。
06_il001
では、具体的な方法をご紹介しましょう。

「湿度」のコントロールは、まずはこまめな換気を心掛け、エアコンなどを上手に活用してみましょう。湿度が60%以下になると、カビは発生しにくくなります。空気がよどみやすい押入れ、クローゼットや玄関、タンスの裏も要注意。こういった湿気がたまりやすい場所には、除湿剤がおすすめです。

湿度の調整が難しいお風呂場や洗濯機内は「栄養」のコントロールが大切です。
こまめに掃除してカビの栄養分となる汚れ(石けんかす、皮脂汚れなど)を、取り除きましょう。

カビは条件が揃わなければ発育しません。どれか1つでも抑えること、これがカビの予防には有効です。