トップページ > プレスリリース > 2018年 > CM

2018.10.15

エステー「ムシューダ」CM
2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
フィルム部門(テレビCM)で『ACCブロンズ』を受賞!
2011年「消臭力」“夢の競演”編の「ACCゴールド」受賞以来7年振りの快挙

エステー株式会社は、ACC(一般社団法人 全日本シーエム放送連盟)が実施している『2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS※1』において、高橋愛さんが出演する防虫剤「ムシューダ」のTVCM“そこにいる”編が高い評価を受け、「ACCブロンズ」賞を受賞しました。
この『ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS』は、フィルム部門、ラジオCM部門など10ジャンルに、それぞれ総務大臣賞/ACCグランプリをはじめ、ACCゴールド、同シルバー、同ブロンズなどの7つの賞が年に一度授与されるクリエイターたちにとって目標とする栄誉ある賞となっています。
58回目となる今年、対象となる作品は2,633本で、エステーの“そこにいる”編は、フィルム部門・Aカテゴリー(テレビCM/地域テレビCM) ※2において、「ACCブロンズ」の受賞となりました。
 

「ムシューダ」CM “そこにいる”編

 

 

◆ACC受賞~2011年の“夢の競演”編に続き7年振り


ACCにおける受賞は、これまで2011年の第51回にポルトガル人・ミゲル君とT.M.Revolutionの西川貴教さんが共演した「消臭力」“夢の共演”編が同部門にて「ACCゴールド」の受賞した実績があり、今回は、これに続く7年振り2度目の受賞となる快挙となっています。
また、今回受賞した“そこにいる”編は、CM総合研究所が実施している2018年5月前期の『CM好感度調査』において、全業態が対象となる「作品別CM好感度」の総合1位にもランキングされています。
こうした視聴者による高い好感度に続き、ACCにおいて専門家からの評価をも得たことになります。
エステーでは、今後も各方面からの評価を得られるようなエステーらしいCM制作を目指します。
 

※1『2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS』は、テレビ、ラジオCMの質的向
上を目的に、1961年より開催されてきた「ACC CM FESTIVAL」を前身としています。2017年からその枠を大きく拡げ、あらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルしました。名実ともに日本最大級のアワードとして広く認知されています。
 

※2フィルム部門・Aカテゴリー(テレビCM/地域テレビCM)は、2017年7月1日から
2018年6月30日までの間に、一般社団法人日本民間放送連盟に加入している放送局において初放送されたCMが対象となっています。

 

2011年にACCゴールドを受賞した“夢の共演”編 アカペラバージョン


 

◆TVCM「ムシューダ」“そこにいる”編


「出てきなさい!そこにいるんでしょ!」で始まる「ムシューダ」“そこにいる”編は、高橋愛さんとムシューダキャラクター・ムッシュ熊雄が出演しているTVCM。
どこにでもありそうなベタな部屋セットに、ムシの衣装も熊雄の動きもベタなら、クローゼットのムシを追い出すというこれもベタな展開。
一般の人々が自由に、そしてユニークな動画をネット公開する時代にあって、誰でも作れそうな映像をCM制作のプロが作ったらこうなる!というベタなCMに仕上げた意欲作がこの“そこにいる”編です。今年4月9日からオンエアしています。
 

 

前の画面に戻る