トップページ > プレスリリース > 2014年 > 企業

2014.03.04

経済産業省主催「ダイバーシティ経営企業100選」に選定

エステー株式会社は、多様な人材を活用して成果を上げている企業として、経済産業省が主催する「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。
当社は、これまで、ダイバーシティの推進として、2001年には、性別や年齢などに関わらず多様な人材が活躍できる組織を目指し、組織のフラット化を図りました。また、2008年には初めて女性役員(社外役員)を登用、2013年4月には鈴木貴子が社長に就任するなど、女性の管理職の登用を推進しています。2013年時点では、役員15名のうち4名が女性役員(うち2名は社外役員)となりました。
また、2000年の発売以降、売上を伸ばし続けている主力ブランド「消臭力」の商品開発やデザインでも女性が活躍しています。その他にも、子育て支援のために育児短時間勤務の制度を整えるなど、女性が働きやすい職場づくりに努めています。
今後も多様な人材の能力が発揮できるような環境づくりを積極的に推進していきます。 

 

 

■「ダイバーシティ経営企業100選」とは

経済産業省が、女性、高齢者、外国人、障がい者など、多様な人材の能力を最大限発揮させることにより、イノベーションの創出、生産性向上などの成果を上げている企業を選定し、表彰するものです。

 

<参考>
 経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」
http://www.diversity100sen.go.jp/
 

 

 

 

前の画面に戻る