トップページ > プレスリリース > 2012年 > CM

2012.02.06

エステー商品やこれまでのヒットCMを振り返る連作CM
“思い出の会”シリーズ全9篇を制作
2012年2月6日(月)から順次、全国で放映開始

エステー商品やこれまでのヒットCMを振り返る連作CM
"思い出の会"シリーズ全9篇を制作
2012年2月6日(月)から順次、全国で放映開始

エステー株式会社は、エステー商品やエステーCMを振り返る連作CMとして、"思い出の会"シリーズ全9篇を制作し、2012年2月6日(月)の提供番組から順次、全国放送を開始します。

新CMでは、サックス奏者の吉田治さんが奏でるCMソングの音色とともに、「消臭力」「ぷくポン」「ムシューダ」「消臭プラグ」「自動でシュパッと消臭プラグ」のCM出演者の思い出の写真で綴りながら、CMのメイキング映像やエステー商品のある日常などがスクリーンに映し出されていきます。
多くの方々に支えられたエステー商品及びエステーCMの思い出を通じて、エステーの感謝の心を伝える異色のCMとなりました。


◆CMストーリー


思い出の会 消臭力 「西川貴教&ミゲル」篇


1.ステージ上で哀愁漂うサックスを演奏するミュージシャン。ステージ衣裳の上にはグリーンの法被を羽織り、スクリーンをバックに"消臭力のうた"のメロディを切々と奏でます。

2.スクリーンには、男の子が成長していく姿がメロディにあわせ映し出され、観客たちはその演奏とともにスクリーンに引き込まれていきます。

3.やがてその男の子たちがT.M.Revolution 西川貴教さんとミゲルであることがわかります。さらに、メロディを奏で続けるサックス奏者。西川さんとミゲルの夢の共演のシーンが映し出され、この会がエステーCMの「思い出の会」であることがわかります。

4.そして、突如現れ、エールを送る応援団長。

5.「サン、ハイ!」の掛け声にあわせ、観衆は互いに肩を組みながら♪ショーシューリキー♪と声を合わせて締めくくられます。

6.最後にエステーのCIカットが映し出されます。
   

 

 


この他、「消臭力ぷくポン」のCMに出演するなだぎ武さんのバージョンや「ムシューダ」CMの人気キャラクター・ムッシュ熊雄のバージョンなど、全 9タイプを制作し、順次放映していきます。


消臭力ぷくポン
"なだぎ武&ミゲル"篇

ムシューダ"ムッシュ熊雄"篇

自動でシュパッと消臭プラグ
"愛されて"篇
 



◆CM制作エピソード


たくさんの「人」に支えられたエステーCM

昨年は「消臭力」CMが震災後のCMコミュニケーションの例として、多くのメディアで紹介され、様々な賞や評価をいただき、CM制作においても「人とのつながり」「コミュニケーション」を意識させられた一年でした。
こうしたCMが結果として成立したのも、多くの応援や協力あってのことです。出演者、制作スタッフ、Twitterを通じて応援してくれた方々、そしてCMを楽しんでくれた方々―。エステーCMを支えてくれたすべての「人」の心に対して、感謝の気持ちを伝えたい。"思い出の会"シリーズはこうした思いからスタートしました。


思い出といえば...同窓会?

しかし、感謝の気持ちを表しながらも、やはり視聴者には笑って欲しい。エステーらしいCMとして選んだ設定は、同窓会を思わせる"思い出の会"でした。
実はこの設定は、特命宣伝部長・高田鳥場の母校の同窓会がヒントになりました。世代の垣根を越えて卒業生が一同に集まる活気あふれる会場。そこに、一人壇上で華麗にサックスを吹き続ける吉田氏がいました。
和気あいあいとした同窓会とムーディーなジャズのメロディ。このあたたかなミスマッチなら思い出を楽しく振り返られるのではないか...。
そこで吉田氏本人に出演を依頼してみたところ、多くの大物ミュージシャンと共演してきたプロ奏者であるにもかかわらず、この突拍子もないアイデアに快く応じてくれました。
また、西川貴教さん、なだぎ武さん、ミゲルには、それぞれの思い出のアルバムから貴重な写真を提供してもらいました。たくさんの方のご協力に感謝するつもりが、さらなるご協力を仰ぐ形となってしまいましたが、そのおかげで少し不思議なCMシリーズが完成しました。
 

 

◆放映予定


〇2012年2月6日(月)提供番組から放映
 

◆エステー宣伝部ドットコムでメイキングエピソードも公開!


CMの撮影時のメイキング映像、こぼれ話などを、エステー宣伝部ドットコムで公開中です。
http://www.st-sendenbu.com/
 

◆CM出演者プロフィール


◎【名前】西川貴教(にしかわ たかのり)
 【生年月日・出身地】1970年9月19日(41歳)・滋賀県

T.M.Revolutionとして1996年にデビュー。1997年の6thシングル「WHITE BREATH」で初のオリコンシングルチャート1位を獲得。ミリオンセラーを記録し、同年の紅白歌合戦に初出場。自身がヴォーカルを務めるバンド「abingdon boys school」の活動や、2008年には「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、故郷滋賀県にて野外ロックフェス「イナズマロックフェス」を主催。さらに2011年にはミュージカル「ROCK OF AGES」に主演するなど、幅広い活躍をみせている。また、今年5月12日、13日には、代々木第一体育館にてT.M.Revolutionデビュー15周年ファイナル公演を行う。


◎【名前】なだぎ武 (なだぎ たけし) 
 【所属・出身地】よしもとクリエイティブ・エージェンシー・大阪府

趣味は映画鑑賞、マンガ、音楽鑑賞、フィギュア集め。お笑いユニット「ザ・プラン9」の一員。2007年、2008年「R-1ぐらんぷり」で史上初の連覇を果たす。テレビや舞台などで職人的な芸を披露し続ける傍ら、映画、ミュージカル、ドラマなど活躍の幅を広げている。


◎【名前】ミゲル
 【生年月日・出身地】1998年11月21日(13歳)・ポルトガル

地元ポルトガルのTV番組のコンテストに出場し優勝。その後、2枚のCDをリリース。2011年4月に放映された「消臭力」のCMで話題を呼び、日本でも注目されている。11月30日には日本デビューCD『しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです』をユニバーサル ミュージックよりリリースした。また、カバー曲「翼をください」が2月11日から全国一斉公開の映画「51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ」の主題歌に決定している。


◎【名前】吉田 治(よしだ おさむ)
 【生年月日・出身地】1961年6月24日(51歳)・福岡県

県立嘉穂高校入学と同時にブラスバンド部にてサックスを始め、翌年の「全日本アンサンブルコンテスト」で最高得点の金賞を獲得。早稲田大学に進学し有名な「ハイソサイエティ・オーケストラ」に入部しジャズに目覚める。卒業後プロとしての共演者は、ジャズでは穐吉敏子、渡辺貞夫、上原ひろみ、ポピュラーでは桑田佳祐、サザンオールスターズ、DREAMS COME TRUE、福山雅治など。現在自己のバンド「BATTLE JAZZ BIGBAND」でCD3枚をリリースしている。
 

 


西川貴教
(T.M.Revolution)

なだぎ 武

ミゲル

吉田 治

 

 

◆CM制作スタッフリスト 企画:エステー宣伝部+博報堂クリエイティブ・ヴォックス+株式会社東北新社
クリエイティブディレクター:鹿毛康司(エステー)/西嶋真紀(博報堂クリエイティブ・ヴォックス)
CMプランナー:西嶋真紀(博報堂クリエイティブ・ヴォックス)
アカウントエグゼクティブ:高橋邦和/和藤崇司/高橋良輔(博報堂)
プロデューサー:阿部薫/早坂匡裕(東北新社)
プロダクションマネージャー:神西秀則(東北新社)
演出:石井聡一(親子社)
撮影:山本哲也
撮影チーフ:砂原洋一
照明:太田康裕(トライアングル)
照明チーフ:桜井孝介
美術:吉嶺直樹(SUI)
スタイリスト:伊藤まな美(CODE)
ヘアメイク:足立美和
ロケコーディネーター:及川勇樹(チャンネル5)
キャスティング:千葉直人(ナイスホームラン)
編曲/演奏:吉田治
オフライン編集:上條孝之
オンライン編集:泉陽子(オムニバスジャパン)
ミキサー:五十嵐登(オムニバスジャパン)
SE:田中宏峰(オンパ)

 

前の画面に戻る