トップページ > プレスリリース > 2010年 > CM

2010.02.26

「自動でシュパッと消臭プラグ」の新CM
“やっぱり!オーケストラ”篇を制作
2010年3月8日(月)から順次、全国でオンエア開始

 

「自動でシュパッと消臭プラグ」の新CM
"やっぱり!オーケストラ"篇を制作
2010年3月8日(月)から順次、全国でオンエア開始

エステー株式会社は、電子式消臭芳香剤シリーズの「自動でシュパッと消臭プラグ」のパッケージ変更に伴い、"やっぱり!エステー"をキーメッセージにした新CМを制作、3月8日月曜日の提供番組から全国放映を開始します。


 

"やっぱり!エステー"


新CMは、"やっぱり!エステー"をキーメッセージに「自動でシュパッと消臭プラグ」の新たな世界を訴求します。
前作の"Tシャツ"篇に引き続き、女性ファッション誌「Seventeen」専属モデルの草刈麻有(くさかりまゆう)さん、消臭プラグシリーズでは欠かすことのできない殿様役の今井朋彦さん、そして、特命宣伝部長 高田鳥場(たかだのとりば)が共演します。これまで築き上げてきた消臭プラグシリーズの「財産」をベースに、電子式消臭芳香剤のパイオニアとして、"やっぱり!エステー"、"やっぱり!自動でシュパッと消臭プラグ"のメッセージを堂々と訴えかけます。

前作"Tシャツ"篇から

前作"Tシャツ"篇から

   


◎「自動でシュパッと消臭プラグ」新CM


"やっぱり!オーケストラ"篇ストーリー(15秒)

(1)とあるオーケストラホール。
ステージには、色鮮やかなピンクのタキシードに身を包んだ女性指揮者と、ティンパニ奏者の消臭プラグの殿。女性指揮者のタクトにあわせ、殿が「スリー、ツー、ワン!」とティンパニを叩きながらカウントします。

(2)なぜかステージ上の台座には「自動でシュパッと消臭プラグ」。殿のカウントにあわせ、ミストが「シュパッ!」

(3)オーケストラの演奏がはじまり

(4)街角から「♪やっぱり、やっぱり、やっぱり~♪」の歌声にあわせ、バイオリンやクラリネットを奏でる演奏者を先頭に、カラフルなエプロンを着た主婦たちが、唄い踊りながら行進してきます。

 

(5)なんだか、みんなとても楽しそう。

(6)また、べつの街角では、特命宣伝部長 高田鳥場を先頭に、男性たちも元気よくステップを踏んで行進。みんなでオーケストラホールを目指します。

(7)ホールでは、歌声にあわせ、再び「自動でシュパッと消臭プラグ」のミストが"シュッパッ!"

(8)ステージ上に、とても素敵な香りが漂います。

 

(9)全員がステージにそろったところで、♪やっぱり~エステー♪と堂々と唄い上げる殿。

(10)女性指揮者のタクトにも力がこもります。

(11)エンディングは、指揮者にあわせ、殿と合唱団が商品を手に、声高らかに♪自動でシュパっと消臭プラグ~♪と唄い上げ、それと同時に新パッケージの商品カットで締めくくります。

(12)最後に「エステー」のナレーションと共にCIカットが映し出されます。


◎新CM撮影エピソード


「消臭プラグ」シリーズのCMでの財産でもある殿様役の今井朋彦さんと特命宣伝部長の高田鳥場。また、前作に引き続き草刈麻有さんも出演。
豪華なオーケストラをバックに従え、商品のカラフルなパッケージに負けないくらいの衣装は、今回の見どころの一つです。草刈さんのタキシードは、色鮮やかなショッキングピンクのものを新調。殿の衣装は、ちょんまげにタキシードという正装(?)ですが、よく見ると、やはり蝶ネクタイとカマーバンドは、なんと和風の柄になっています。
演出は、2008年ACCベスト演出を受賞し、エステーCMでもお馴染みの岩井克之監督。カメラマンの米田要氏と照明の武藤要一氏は、高田鳥場のデビュー作(自動でシュパッと消臭プラグ"プロレスで大ウケ"篇、"バンドで大ウケ"篇)を撮った二人でもあります。
華麗なるダンスシーンの振付を担当してくれたのは、前作同様にYOSHI2さん。サザンオールスターズ、B' z、mihimaru GTなど数多くのアーティストのコンサートやPV制作に携わった振付師です。

撮影は2月、極寒の早朝からスタート。タイトな撮影スケジュールで、1日で4箇所のロケ地を回るというハードなもの。限られた時間の中で大変だったのは、総勢64名のエキストラのみなさん。早朝7時から、YOSHI2さんの演技指導の下、寒さに震えながら振り付けの練習。厳しい条件の中、完成した映像は、寒さを全く感じさせず、明るく楽しい仕上がりとなっています。
今回、エキストラとして、エステーミュージカル「赤毛のアン」にも出演しているイマジンのプロダンサーも参加。もちろん、41人で編成しているオーケストラの演奏者はプロのみなさんです。
音楽は、消臭プラグ殿様シリーズの第1弾から担当するロジックの奥村柾彦氏。クラシック音楽のジャンルを超え、明るく楽しいエステーワールドにぴったりのCMソングに仕上げています。また、草刈さんの名指揮者ぶりは、エステー宣伝部ドットコム(http://www.st-sendenbu.com)にアップロードしますので必見です。

 


◆「自動でシュパッと消臭プラグ」


昨年、エステーが新たな成長戦略として打ち出したのが"デザイン革命"。その第一弾として世に送り込んだ電子式消臭芳香剤「自動でシュパッと消臭プラグ」は、一定間隔で香りのミストを自動噴霧する電池式自動消臭スプレーで、デザインには世界で活躍する著名デザイナーの佐藤オオキ氏を起用し、好調な販売を記録しています。この春には、本体がしっかりと見えるようにパッケージをブリスターパックに変更したリニューアルを実施しています。
価格は、本体が1,365円(税別:1,300円)、「つけかえ」は462円(税別:440円)です。


◆放映予定


〇2010年3月8日(月)から全国で放映


◆『エステー宣伝部ドットコム』


webサイト「エステー宣伝部ドットコム」では、新CMのほか、草刈さんの名指揮者ぶりなどメイキング映像や制作裏話などを公開しています。
●エステー宣伝部ドットコム URL http://www.st-sendenbu.com


◆CM出演者


〇今井朋彦(殿様/文学座)/1967年8月20日生まれ。
1987年文学座研究所入所(第27期)。1992年に座員となり、その後、数々の舞台やテレビに出演。
主な出演作:2004年 NHK大河ドラマ『新選組!』(徳川慶喜役)、2006年 フジテレビ系列『古畑任三郎SP-フェアな殺人者』、2007年舞台『恐れを知らぬ川上音二郎一座』(東宝)、2008年NHK『七瀬ふたたび』。「消臭プラグ」殿様シリーズCMには、2005年から殿様役として出演。

〇草刈麻有(ブルーミングエージェンシー/ブラァバ)/1993年4月20日生まれ。
2007年、実父の主演映画『0093女王陛下の草刈正雄』で女優デビュー。
2009年公開の映画『蘇りの血』ヒロインや2007年TBS系列『3年B組金八先生』などに出演。
雑誌『Seventeen』の専属モデルとしても活躍中。「消臭プラグ」CMには、前作"Tシャツ"篇に続き出演。

〇特命宣伝部長 高田鳥場(たかだのとりば)
1959年フィラデルフィア生まれ。高田馬場育ち。スーパー・ウルトラ・ポジティブな性格。いつでもなにごとにも全力投球。
時には失敗することもあるけれど、そんな彼をまわりの人たちはついつい応援したくなるというトクな体質。お茶の間の空気を変えるだけでなく、日本の空気を変えることを夢見ている。
血液型A型。好きな食べ物はナポリタン。趣味は歌うこと。好きな色はピンク。
 












今井朋彦

草刈麻有

高田鳥場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆CM制作スタッフリスト

〇企画:エステー株式会社+株式会社博報堂クリエイティブ・
ヴォックス+株式会社マザース
〇クリエイティブディレクター:鹿毛康司(エステー)
〇CMプランナー:西嶋真紀(博報堂クリエイティブ・
ヴォックス)
〇アカウントエクゼクティブ:高橋邦和/和藤崇司/小林祐二(博報堂)
〇ストラテジックプランニング:関沢信幸(博報堂)
〇プロデューサー:前島操(マザース)
〇プロダクションマネージャー:山下真紀/飯星歓美(マザース)
〇演出:岩井克之
〇撮影:米田要
〇VE:長岡茂樹(TSP)
〇照明:武藤要一
〇美術:ヌーヴェルヴァーグ
〇スタイリスト:田代みゆき
〇ヘアメイク:川田政史(東映京都)〔今井朋彦〕/松澤真弓(TTA) 〔草刈麻有/高田鳥場〕
〇キャスティング:ダイプロ/イマジン
〇振付:YOSHI2
〇オフライン編集:渋谷ゆみ子
〇本編集:谷道史朗(BOOK)
〇MAV:BOOK M
〇CG:福岡二隆
〇ミキサー:秋山和恵
〇音楽:奥村柾彦(ロジック)
〇メイキング制作:野口優、岡崎さおり(エステー)

 

前の画面に戻る