トップページ > プレスリリース > 2009年 > CM

2009.04.08

自動でシュパッと消臭プラグ 新CM
“プロレスで大ウケ”篇と“バンドで大ウケ”篇を制作
関根勤さんと特命宣伝部長が共演

 

明るく元気に笑い飛ばそう!
自動でシュパッと消臭プラグ 新CM
“プロレスで大ウケ”篇と“バンドで大ウケ”篇を制作

関根勤さんと特命宣伝部長が共演
2009年4月13日(月)から順次、全国でオンエア開始

 

エステー株式会社は、一定間隔で自動的に消臭ミストを噴霧する「自動でシュパッと消臭プラグ」の新CMを制作、4月13日月曜日の提供番組から全国放映を開始します。
これまでの殿様シリーズを一新し、タレントの関根勤さんと新キャラクター「特命宣伝部長 高田鳥場(たかだのとりば)」を新たに起用。暗い世の中も明るく笑いとばす“大ウケ”なCMが完成しました。

「自動でシュパッと消臭プラグ」新CM“プロレスで大ウケ”篇から

 

 

◎明るく元気に笑い飛ばそう


3年にわたり好評を博した消臭プラグ殿様シリーズのCM。この春にスタートする新シリーズは、殿様の後を受けて「特命宣伝部長 高田鳥場」が新キャラクターとして登場。こんな暗い世の中だからこそ、明るく笑い飛ばそうと、スーパー・ウルトラ・ポジティブ・シンキングの新キャラクターを誕生させました。さらにこの「高田鳥場」の追っかけ役に、タレントの関根勤さんを起用しました。
「高田鳥場」の現れるところ、必ず高田鳥場ファンの関根さんが現れ、笑いの渦に。関根さんの“大ウケ”ほど、お茶の間を明るくしてくれる笑いはありません。このCMを通して、世の中を元気に!!と魂込めて制作しました。

 

 

◎新CM“プロレスで大ウケ”篇ストーリー(15秒)


声援を送る大勢の女性たち。アイドルのコンサート会場と思いきや、そこはプロレス会場。

 

レスラーに立ち向かっているのは、なんと!「特命宣伝部長 高田鳥場」
しかし、高田鳥場…対戦相手の水平チョップでなすすべなくダウン。
上に覆いかぶさられ、レフリーのカウントが入ります。本来は「ワン、ツー、スリー」ですが、なぜだかこのレフリーは、「スリー、ツー、ワン」とカウント。
カウント終了のその瞬間、リングロープ下にある「自動でシュパッと消臭プラグ」からミストが勢いよくシュパッ!

それを見た高田鳥場の追っかけ役の関根勤さんは、思わず大爆笑の大ウケ!もちろん周囲の観客も一緒に大ウケ! ~自動でシュパッと消臭プラグ 大ウケ~のナレーションで商品が映し出され、   最後に≪空気をかえよう≫のCIカットで締めくくります。

 

 

◎新CM“バンドで大ウケ”篇ストーリー(15秒)


“バンドで大ウケ”篇ストーリー(15秒)

 

「特命宣伝部長 高田鳥場」、今度は何故かバンドのドラマー。スティックを鳴らし、「スリー、ツー、ワン」カウントをとります。
演奏が開始するかのその瞬間、ステージ手前にある「自動でシュパッと消臭プラグ」からミストがシュパッ!
客席の関根勤さん、それを見て涙を流さんばかりにウケています。
ボーカルは、気を取り直して「ハイ!もう一回、もう一回行こう」とやり直し指示。高田鳥場、再びカウントを始めたものの、終わると同時に再びシュパッ!

関根勤さん、腹をよじって手を叩きながら大ウケします。 ~自動でシュパッと消臭プラグ 大ウケ~のナレーションで商品が映し出され、   最後に≪空気をかえよう≫のCIカットで締めくくります。

 

 

◎CM撮影エピソード


今回のCMで新たに登場したキャラクター「特命宣伝部長 高田鳥場」。消臭プラグの殿様に負けずとも劣らない個性的なキャラクターです。スーパー・ウルトラ・ポジティブ・シンキングの特命宣伝部長として、プロレスでフォールされたり、バンド演奏を始められなかったりの失敗にもめげず、「自動でシュパッと消臭プラグ」の宣伝に全力で取り組みました。
特に“プロレスで大ウケ”篇では、相手役は本職のプロレスラー。プロが繰り出す水平チョップを受けて倒れ込むシーンは、何テイクもトライするなど、まさに自らの身体を張っての宣伝業務となりました。
さらに、この特命宣伝部長の追っかけ役として、タレントの関根勤さんを起用しました。CMの企画会議で、「特命宣伝部長 高田鳥場」の共演者を議論していたとき、クリエイティブディレクターから関根さんの名前が出た途端、監督、プランナー、プロデューサーから一斉に「関根さん、いいねぇ」の声が。即決で出演のオファーをしました。 
CM撮影現場でも、関根さんの“大ウケ”につられて、観客役のエキストラを始め、スタッフの全員が大爆笑。なんとも言えない幸せな空気感もあって、明るく、楽しいCMに仕上げることが出来ました。
撮影は、本格的な臨場感を求め、会場、出演者にもこだわりました。
“プロレスで大ウケ”篇は、実際にプロレス興行が行なわれるディファ有明で収録。DDTプロレスに所属するレスラー、飯伏幸太さんとレフリーの松井幸則さんが出演しています。
“バンドで大ウケ”篇では、ライブ会場として有名なSTUDIO COASTを使用。今回は残念ながら演奏シーンはありませんが、ボーカル役の小野寺健さんを始め、ステージのバンドメンバーの全員がプロのミュージシャンです。
また、観客が手にしている小道具も見どころの一つ。うちわ、看板、イラストボードなどのカラフルな高田鳥場グッズ。アイドルのコンサート会場にあふれていそうな手作りの応援グッズを製作して、エキストラに声援してもらいました。
監督は、エステーCMでお馴染みの岩井克之氏が担当。殿様シリーズを越えるべく、今回もまさに“大ウケCM”に仕上げてくれました。
ナレーションには、ベテラン俳優の壤晴彦(じょう はるひこ)さんを起用。~自動でシュパッと消臭プラグ 大ウケ~の渋いナレーションで、CM全体がきっちりと締まりました。

 

 

 

◆電池式自動消臭スプレー「自動でシュパッと消臭プラグ」


「自動でシュパッと消臭プラグ」は、一定間隔で香りのミストを自動噴霧する電池式自動消臭スプレー。昨夏に発売した〈マイルドソープの香り〉、〈ピュアフローラルの香り〉が好評を博し、今春には〈フレッシュシトラスの香り〉を追加して3タイプをラインナップしています。ニオイのこもりがちな玄関や洗面所、トイレなどの室内空間に消臭効果とフレッシュな香りを広げます。
「本体」価格は税込み1,470円、「つけかえ」は税込み462円です。

 

自動でシュパッと消臭プラグ

 

 

◆放映予定


〇“プロレスで大ウケ”篇: 2009年4月13日(月)提供番組から放映
〇“バンドで大ウケ”篇: 2009年5月中旬から放映(予定)

 

 

◆『エステー宣伝部ドットコム』


webサイト「エステー宣伝部ドットコム」では、新CMのほか、メイキング映像や、制作裏話など公開しています。
●エステー宣伝部ドットコム URL http://www.st-sendenbu.com

 

 

◆CM出演者について


○関根勤(浅井企画)
1953年8月21日生まれ。血液型:A型、出身地:東京
【略歴】
TBS「ぎんざNOW」の素人コメディアン道場に出場。5週勝ち抜き、初代チャンピオンとなり、1974年12月がレギュラー出演となる。
1975年1月、デビューがうさぎ年ということで、桂三枝師匠が「ラビット関根」の名付け親となる。
1976年、日本大学法学部管理行政学科卒業。
1982年11月、ANB「欽ちゃんのどこまでやるの」にレギュラー出演。番組の内容により、本名「関根勤」で活動を始める。

○特命宣伝部長 高田鳥場(たかだのとりば)
1959年フィラデルフィア生まれ。高田馬場育ち。
スーパー・ウルトラ・ポジティブな性格。いつでもなにごとにも全力投球。
時には失敗することもあるけれど、そんな彼をまわりの人たちはついつい応援したくなるというトクな体質。お茶の間の空気を変えるだけでなく、日本の空気を変えることを夢見ている。
血液型A型。好きな食べ物はナポリタン。趣味は歌うこと。好きな色はピンク。
 
○レスラー役:飯伏幸太(DDTプロレス)/“プロレスで大ウケ”篇

○レフリー役:松井幸則(DDTプロレス)/“プロレスで大ウケ”篇

○ボーカル役:小野寺健(タイムリーオフィス)/“バンドで大ウケ”篇

 

関根勤 高田鳥場

 

◆CM制作スタッフリスト
〇企画:エステー株式会社+株式会社博報堂クリエイティブ・ヴォックス+株式会社マザース
〇クリエイティブディレクター:鹿毛康司(エステー)
〇CMプランナー:西嶋真紀(博報堂クリエイティブ・ヴォックス)
〇アカウントエクゼクティブ:高橋邦和/和藤崇司/小林祐二(博報堂)
〇プロデューサー:前島操/土井美那子(マザース)
〇プロダクションマネージャー:山下真紀/織田翔子(マザース)
〇演出:岩井克之(マザース)
〇撮影:米田要
〇照明:武藤要一
〇美術:延賀亮
〇スタイリスト:高野いせこ/長谷川雅子(アマランス)
〇ヘアメイク:岩井マミ(M)/陽(TTA)
〇キャスティング:豪勢堂
〇VE:林正実(蓮)
〇オフライン編集:小池義幸(リクリ)
〇本編集:谷道史朗(BOOK)
〇MAV:BOOK M
〇ミキサー:秋山和恵
〇音楽:奥村柾彦(ロジック)
〇SE:磯村享平
〇メイキング制作:野口優/岡崎さおり(エステー)/國井さやか

 

前の画面に戻る