トップページ > プレスリリース > 2008年 > CM

2008.11.14

冷蔵庫用脱臭剤「脱臭炭」新CM
「“炭祭”篇」を制作
~炭発明から7万年。長い歴史の秘密が今解き明かされる~
2008年11月17日(月)から全国でオンエア開始

冷蔵庫用脱臭剤「脱臭炭」新CM
「“炭祭”篇」を制作

~炭発明から7万年。長い歴史の秘密が今解き明かされる~

2008年11月17日(月)から全国でオンエア開始

 

エステー株式会社は、冷蔵庫用脱臭剤「脱臭炭」の新テレビCM“炭祭”篇(30秒/15秒)を制作し、11月17日(月)21時の提供ドラマから全国放映を開始します。
“炭の力だ。冷蔵庫に脱臭炭。”というストレートな商品メッセージを伝えます。ドキュメンタリータッチな架空の「祭」をエステーらしいエンターテインメントに仕上げた新CMです。

「脱臭炭」新テレビCM“炭祭”篇から  

 

◆脱臭炭/新CM“炭祭”篇ストーリー(30秒)
7万年の秘密が今、解き明かされる!


人類が炭を発明して約7万年。日本のある山郷に伝わる奇祭「炭祭」にはじめてカメラが潜入するという設定で、このCMをつくりました。

 

「こんなお祭りはどこにもありません。このCMが言いたいのは、炭の力は超すごいってこと。冷蔵庫には炭の力だ。脱臭炭。」の歌とともに映像が流れます。

 

(1)炎たつ山の上から直径1.2m、
長さ5mの巨大な炭が白装束の
男衆に引きずり出されます。
(2) (3)そのまま急な斜面を炭とともに
駆け下りる男たち。
(4)

 

(5)300kg超の炭を力を合わせて
担ぎ上げ、声援に沸く村の 道々を
駆け抜けます。
(6) (7) (8)

 

(9)行き着く場所は『臭鬼』の待つ
村の広場。
(10) (11)わらで作られた巨大な鬼の
身の丈は約5m。その巨大な胸には“臭”の文字。
(12)男衆はその中心に狙いを定め、一気に炭とともに突っ込んでゆきます。

 


(13)-1 巨大な鬼が轟音を立てて
倒れると、その向こうには冷蔵庫に
脱臭炭を捧げる村の女衆が。
(13)-2 (13)-3 (14)階段を昇り、うやうやしく脱臭炭を高く掲げながら冷蔵庫に捧げる女衆。

 

 
(15) (16) (17)  

 

◆CM撮影エピソード


200人以上のエキストラを使って上海で撮影しました。

 

この架空の祭りの伝説を勝手につくりました。「昔々、清潔太郎という若者がおったそうな。樹齢千年の巨木から作った巨大な炭でニオイの鬼『臭鬼』を退治した勇者だった。」という伝説です。
祭の巨大な炭(直径1.5m×長さ5m)はFRPというガラス繊維でつくられています。軽くて丈夫ですが、それでも300kgに達しています。
実際に、山を下ったり持ち上げたりする男衆役には、通常のエキストラではなく、スタントマンを使っています。

 

また、高さ5mの藁でつくった臭鬼(においおに)も、雨を吸収して想定しない重さになりました。臭鬼を倒すシーンは12回おこないましたが、そのたびに起き上がらせるのには一苦労でした。

 

CMに登場する山は、池を掘った時に出た赤土。雨で足元はぬかるみ撮影は難航しましたが、それゆえ迫力ある映像に仕上がっています。

 

「CMの撮影には苦労がつきものだが、今回の撮影は超楽しい!一切苦労していない!」とは芳賀薫監督。数々の名作品を産んだ芳賀監督が、これほどやりきったCMはないと言い切るほど、すばらしいチームのもとで新たなエステーCMが生まれました。

 

     

 

◆『エステー宣伝部ドットコム』


WEBサイト「エステー宣伝部ドットコム」では、新CMのほか、メイキング映像や制作裏話など公開しています。また、「エステー宣伝部ドットコム」の編集長“バニー・トカゲ”が綴る話題のブログ「編集長トカゲだより」には、業界裏話やCMエピソードも満載!です。

 

●エステー宣伝部ドットコム URL http://www.st-sendenbu.com

 

◆「脱臭炭」シリーズ


「脱臭炭」は、独自の技術で開発したゼリー状の炭(備長炭+活性炭)で強力にイヤなニオイを脱臭し、炭が小さくなることで交換時期がひと目でわかる脱臭剤です。2000年春に発売以来、現在では脱臭剤のシェア60%超のトップブランドに成長しながらも、さらに伸長し続けています。
「冷蔵庫用」、「冷凍庫用」、「野菜室用」、「チルド室用」、「キッチン・流しの下用」などをエクステンション展開し、冷蔵庫を丸ごと脱臭するアイテムをラインナップしています。

 

 

 

◆放映予定


○2008年11月17日(月)から放映

 

◆出演者


○男衆:60人/女衆:5人/群集:140人

 

 

 

◆CM制作スタッフリスト ○広告会社:株式会社 読売広告社
○制作会社:太陽企画株式会社
○シニアクリエイティブディレクター:二藤正和(読売広告社)
○クリエイティブディレクター:鹿毛康司(エステー)
○CMプランナー:及川貴雄、荒井海太、小原裕美子、佐藤塁、橋本祥平
○アカウントエグゼクティブ:国谷秀樹、中村友洋
○プロデューサー:畑忍、佐藤大
○プロダクションマネジャー:泉家亮太
○ディレクター:芳賀薫
○カメラマン:沈宗輝(シェン・ゾン・フイ)
○照明:厖小強(パン・シャオ・チアン)
○スタイリスト:小穎(シャオ・イン)
○ヘアメイク:麗莎(リー・シャー)
○美術:範佩明(ファン・ペイ・ミン)
○コーディネーター:葛西清重、小田桐正則、鶴野稔、真田力(コモンチャイナ)
○音楽制作:メロディパンチ
○音楽:緑川徹
○メイキング制作:野口優(エステー)

 

前の画面に戻る