トップページ > プレスリリース > 2008年 > CM

2008.05.30

エステーのテレビCM
「平成19年度 CM好感度白書/第19回日本のベスト・アドバタイザー」
CM-Branding評価トップ企業50社『第33位』、生活雑貨業類銘柄別・CM効率トップ10『第2位、第7位、第8位、第9位』にそれぞれ認定され表彰

CM総合研究所代表・関根建男氏(左)とエステー宣伝部長鹿毛康司

エステーのテレビCM
「平成19年度 CM好感度白書/第19回日本のベスト・アドバタイザー」

CM-Branding評価トップ企業50社『第33位』、生活雑貨業類銘柄別・CM効率トップ10『第2位、第7位、第8位、第9位』にそれぞれ認定され表彰

 2,073社/9,487銘柄/17,881作品から選出~主催:CM総合研究所/CM DATA BANK/CM INDEX~

 

エステー株式会社は、≪平成19年度CM好感度白書 第19回日本のベスト・アドバタイザー(主催:CM総合研究所/CM DATABANK/CM INDEX)≫にて、主力製品の「消臭プラグ」などのテレビCMにより、『CM-Branding評価トップ企業50社』の第33位に認定され、5月27日に認定式が都内のホールで行われました。
また『CM投入効果率 産業分野別生活雑貨業類』においては、一年間に最も効率のよかったBrand展開事例として、第2位に「消臭プラグ」、第7位~第9位までを「社名変更」、「消臭力」、「ムシューダ」の各CMがランキングされました。

 

 

≪第19回 日本のベスト・アドバタイザー≫


≪第19回 日本のベスト・アドバタイザー≫は、2007年4月度から2008年3月度に東京キー5局にてオンエアされた2,073社/9,487銘柄/17,881作品の全CM展開に対して、月例3,000人の消費者が示した反応と評価の記録から、CM好感度、CM商品好感度、Brand試用意向度、Brand愛用持続度など、CM受容実態を集計、作品別、銘柄別にCM展開事例を確認し、顕著な成功事例を残した企業に対して認定されるものです。

 

★【CM-Branding評価トップ企業50社…エステー第33位】


『CM-Branding評価トップ企業50社』は、月例3,000人の消費者によるCM好感度調査結果(月2回/年24回)において、各Brand展開が見事に功を奏し、この1年間に多くの人々の好感と共感を獲得した年間CM好感度の企業別スコアが最も高かった上位50社を2,073社から選出し、認定されます。
エステーは、全10銘柄のBrand展開を図り、“ユーモラス”や“出演者・キャラクター”、“宣伝文句”、“ストーリー展開”などに高い評価を得て第33位に認定、前年度の37位からランクアップを果たしました。

 

★【CM投入効率 産業分野別No.1…生活雑貨業類/エステー第2、7~9位】


『CM投入効率 産業分野別N0.1』は、この1年間に最も効率のよかったBrand展開事例として、年間の総放送回数が平成19年度に展開された全9,487銘柄の平均水準以上、かつCM好感度1,500人月例定期調査の年24回実査結果において、CM好感度の年間累計スコアが全20産業区分の各業類の平均水準以上を獲得した中から各業類内でCM投入効率ベスト銘柄として認定されるものです。
エステーは、この部門の「生活雑貨業類銘柄別・CM効率トップ10」において、全311銘柄中、第2位に「消臭プラグ」、第7位にわずか1ヵ月間のみオンエアした「社名変更」、第8位に「消臭力」、第9位に「ムシューダ」がそれぞれランキングされました。

エステーでは、今後も革新的なコンセプトやデザインを持った新製品の開発を手がけ、そしてパワーブランドへと育成していくために、ユニークでインパクトがある、そして消費者からより多くの共感、好感を得られることが出来るCM制作を手がけていきたい考えです。

 

エステー宣伝部ドットコムアドレス:http://www.st-sendenbu.com/

 

「消臭プラグ」CM“殿 十一変化”篇から “お花畑で社名変更”篇から 「トイレの消臭力」CM “Song for Toilet”篇から 「ムシューダ」CM“クマの叫び”篇から

 

前の画面に戻る