WORKS

生産技術
S.T. | 2011年入社 生産技術グループ

エステーの生産を支える屋台骨。

私が所属する生産技術グループは、新製品のライン導入に向けて、生産設備の仕様検討・選定や、生産工程に関する検討、既存ラインの移設・改善などを行う部署です。言わば、エステーの生産を支える屋台骨。生産技術は、工場、購買、商品開発など社内の他部署、機械メーカー、仕入先メーカーなど多くの方々と関わり、いろいろな情報や意見に触れる機会の多い仕事です。
生産技術グループ配属前、入社後約3年間は九州工場の製造課にて、ムシューダ洋服ダンス用のラインを担当していました。配属直後は九州工場の様々な商品ラインで実際に作業工程に携わりながら、溶接、フォークリフト、玉掛け、第2種電気工事士、危険物取扱者乙種第4類などさまざまな資格を取得したり、機械のプログラミングの講習会などへ参加し、工場での活動に必要な知識を蓄えました。

試行錯誤のライン立ち上げ。

エステーは、知名度のわりに比較的少人数の会社だと思います。でも、そのおかげで1人の社員が携われる領域が広いです。私は理工学部出身ですが、工場で実際に使える電気や機械の知識がほとんどない状態で入社しました。それでも工場勤務時代は、私のような若手に新ラインの担当や、ライン移設のような重要な業務を任せてもらいましたし、いろんなことに関わることができました。
入社3年目の時、ある新製品のラインを担当しましたが、なかなか順調に進まず苦労したことがあります。薬剤を浸透させる資材を等分に切る工程がどうしてもうまくいかないのです。生産技術グループの先輩や、工場の先輩と話し合い、機械メーカーに改造を依頼し、何度も機械の仕様検討、見直しや改造を行い、順調に稼働するラインとして立ち上げるまでに3カ月もかかりました。商品開発が画期的な商品を作っても、生産ラインが立ち上がらなくては世に送り出せませんから、責任は重大です。そもそもエステーを志望した理由は、消費者に近い業界でものづくりがしたかったから。ささやかながら、生活を豊かにできる商品に関われることをやりがいに感じています。

なかったら、自分たちで作ればいい。

自分が考えた設備や仕組みを具現化できることに、生産技術の面白さがあります。工場勤務時代も、様々な仕組みを形にしてきました。入社3年目で担当した新ラインでは、機械が停止した際に後工程への影響が少なくなるよう、条件分岐のプログラムを取り入れたり、自分でカメラを買ってきて、センサーを取り付けた検査装置を製作したりするなど、試行錯誤しながら稼働率、生産性向上に貢献しました。
生産技術グループで仕事をするには、今までよりも更に広い視野を持たなければなりません。機械のことだけでなく、資材の知識や消防法などの法律、もちろん生産コストなど考えなければならない項目が多いです。まだキャリアが浅いですが、工場での経験を生かしつつ、必要な知識や視点、考え方を習得し、ずっと現場に近いところで、ものづくりに携わっていきたいです。