トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 人気インスタグラマーおさよさんに聞く 忙しくても手軽にできる! 「ほったらかし掃除」と「ついで掃除」のすすめ

季節のくらし

人気インスタグラマーおさよさんに聞く 忙しくても手軽にできる! 「ほったらかし掃除」と「ついで掃除」のすすめ


トイレ・洗面所はアルコールで「ついで掃除」を習慣に

人気インスタグラマー
おさよさん
プロフィール

何かと忙しい毎日、しっかりと掃除をするのは大変なもの。そこで、「浸けておくだけ」や「何かのついで」でできる方法をご紹介します。とっておきの「ほったらかし掃除」「ついで掃除」を、掃除や片付けのInstagramが大人気となっているおさよさんに教えてもらいました。

日々の「ついで掃除」と定期的な「ほったらかし掃除」で家じゅうピカピカ

おさよさんにお伺いしたところ、掃除はできるだけ朝のうちに済ませてしまうのだそう。
5時ごろ起床し、寝ぼけた体を起こすためにも、トイレや洗面台を簡単に拭き掃除。その他、目についた個所を適宜掃除します。
毎日きれいにしたい個所は、これから紹介する「ついで掃除」がおすすめ。
週末には主に「ほったらかし掃除」を。週末にすべてをする必要はありません。ひとつにつき3か月に1回程度で十分。おさよさんが紹介してくれた掃除法には、夜に仕込んでおいて、朝軽く拭き取るだけのものもたくさん。ぜひ真似してみましょう。

おさよさんの掃除アイテム

おさよさんの定番掃除アイテムをまとめて紹介します。
・酸素系漂白剤
・アルコールスプレー
・クエン酸
・重曹
・ラップ
・キッチンペーパー、ウエスなど

【ほったらかし】トイレの便器は一晩の湿布できれいに

3か月に1回程度、夜、トイレを済ませてからスタート。
便器の汚れが気になるところにトイレットペーパーを敷き、酸素系漂白剤の溶液(50度くらいのお湯1L、酸素系漂白剤スプーン1杯)を真っ白になるくらいかけます。
そのまま一晩おいておき、朝になったら流すだけ。気になっていた黒ずみがきれいに取れます。

【ほったらかし】タンクに重曹を入れるだけ

こちらも同じ。夜、トイレを済ませてから、トイレのタンクに重曹を1カップ入れます。
そのまま一晩おき、朝になったら流すだけ。タンクの中がすっきりときれいになります。
便器と同じで、3か月に1回程度でOK。

【ついで】ステンレスはアルコールの拭き掃除でピカピカに

トイレや洗面所の水栓部分は、アルコールで拭くのがピカピカの秘訣。おさよさんが使っているのは、食品にかけても大丈夫な市販のボトル入りアルコールだそう。
そのため、床掃除などもアルコールで拭き掃除して、そのまま水栓も拭いてしまいます。アルコールを布に吹きかけてから拭けばOK。これなら、洗剤を交換する必要もなく簡単。床掃除の「ついで」に水栓までピカピカにできますよ。

「洗浄力 モコ泡わトイレクリーナー」なら、便座のフチ裏に泡をスプレーしてほったらかし!

日々の便器内の掃除には、モコモコ泡で洗浄する「洗浄力 モコ泡わトイレクリーナー」がおすすめ。便器のフチ裏にシューッと1周スプレーしたあとしばらく置き、泡がすべて滑り落ちたらトイレの水を流すだけ。フチ裏から便器全体までをしっかり洗浄します。洗浄後には除菌、つや出し効果もあり、ミントの香りが気分をすっきり。とっても手軽にお掃除できます。


プロフィール

人気インスタグラマー
おさよさん

家事と暮らしを投稿しているInstagramは、子育て中のお母さんを中心に、フォロワー26万人という人気。整理収納アドバイザー。整理収納教育士。7歳男の子と4歳女の子、2児の母親。近著に「家事ぐせ」(主婦の友社)。福岡のローカル番組を中心に、テレビでも活躍中。掃除や整理収納などのセミナーのほか、雑誌にも多数掲載。