トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 汚れや汗、雑菌が増える季節に 気になる「夏のにおい」徹底対策

季節のくらし

汚れや汗、雑菌が増える季節に 気になる「夏のにおい」徹底対策 ~マストで押さえておくべき場所はココ!~



暑い季節は要注意! においが発生しやすい場所

株式会社ベアーズ
髙橋ゆきさん
プロフィール

夏になると「部屋のどこかから嫌なにおいがただよってくる」という経験はありませんか? 湿気や気温が高くなり、雑菌が繁殖したり、カビが増えるのが原因です。やみくもに掃除する前に、家庭の中でにおいが発生しがちな場所を狙いましょう。家事代行のベアーズ取締役副社長で家事研究家の髙橋ゆきさんにお伺いしました。

におい発生NO.1はキッチン 見落としがちな台ふきん、まな板にも注意

170710natsu-01ol

家のにおいと聞くと、トイレを想起する人が多いかもしれません。ところが、この時期に注意したいのはキッチン。特に気をつけたいのは次の5箇所だそう。

1. 排水口や三角コーナー

こちらはピンとくる人も多いでしょう。ぬめりが発生しやすく、嫌なにおいの原因になりやすいのです。

2. ゴミ箱

ゴミ箱の中身はもちろん、実はゴミ箱自体にも汚れやにおいが……。定期的にお掃除することが大切。

3. 台ふきん

使った後にササッと水で流すだけでは、雑菌が残ったまま。そのままでは雑菌が繁殖してしまい、においの原因に。

4. まな板

生ものを扱ったあとなどはキレイに掃除をしておかないと、雑菌の温床に。包丁の跡(溝)に菌が入り込んでしまいます。

5. 食器棚

食器に水気が残ったまま食器棚にしまうと、そこから菌やカビが増えてにおいの原因になることも。

トイレや玄関にも要注意!

170705natsu-02ol

玄関も、この季節はにおいやすいので気をつけましょう。気温と湿気で、靴の中にも湿気がたくさん……。適度な掃除と日頃のケアが大切です。

もちろん、トイレも要注意! 特に男性が用を足した後には、四方八方に尿が飛び散っており、そこからにおいが発生してしまいます。

次のページから、それぞれの場所のにおい対策を紹介します。


プロフィール

株式会社ベアーズ
髙橋ゆきさん

家事代行サービスの株式会社ベアーズ取締役副社長。キッズからシニアまで暮らしの向上を研究し、家事のスペシャリストとしてテレビ・雑誌などで幅広く活躍中。おそうじは、”楽ラク(楽しく、楽に)キレイ”をテーマに、身近にあるもので様々なアイディアグッズを開発。また、お掃除を、生活の知恵を伝える場であり、親子とのコミュニケーションの場でもあるとして、親子や夫婦で楽しめる家事コミュニケーションを提唱。 2015年 には世界初の家事大学設立、学長として新たな挑戦を開始。 2016年のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも家事監修を務めた。 書籍「楽ラク掃除の基本」(学研プラス)が好評発売中。