トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > くらしをワンランクUPさせる「香り」の選び方

季節のくらし

くらしをワンランクUPさせる「香り」の選び方



普段の生活は、家事や育児に追われがち。いつもキレイに保てればいいけれど、なかなか難しい日も。そんな中、お部屋が少しくらい散らかっていても簡単に取り入れられるのが「香り」。とても手軽に、いつものくらしをワンランクUPできます。さまざまなシーンに合わせた香りの選び方を、エステー商品開発グループの石川瑞紀さんに聞きました! まずは、気になる来客時の香りの使い方から紹介します。

誰にでも好まれる香りをチョイス

170320kaori-01ol

友だちを自宅に招くホームパーティや、お茶会。ちょっとしたおもてなしのひとつに、香りを取り入れてみては? 来客時には家の掃除をするとともに、素敵な香りにしておきたいものです。
複数の友だちを招くときには、定番ものを選ぶのがおすすめ。オレンジやレモンなどのシトラス系、お花の香りのフローラル系、シャンプーのような石けん風の香りなら、苦手な人はほとんどいないので失敗が少ないはず。もし、相手の好みをリサーチ済なら、それに合わせた香りを用意すると気遣いが伝わるかもしれませんね。

「あ、ここにも気遣い」……をわかってもらえる効果的な使い方

170328kaori-02ol

手軽に香りを演出するには、芳香剤やアロマオイルなどを利用しましょう。ただし、ただ置けばいい、というわけではありません。やはり、効果的な場所がいくつかあります。

・玄関
玄関は、家の「顔」とも言える場所です。いい香りがしていると、訪れた人はいい気分になり、家の印象がアップ。自分の家のにおいは気がつきにくいので、忘れずケアしておきましょう。

・洗面所、トイレなど
香りは、時間と共に慣れてしまうもの。ずっと座っている場所に芳香剤を置くより、洗面所やトイレといった「ときどき行く」場所が狙い目。ちょっとした瞬間に「あ、ここもいい香り」と気づいてもらえます。

・空気の通る場所
芳香剤の香りは、製品を中心として広がっていきます。そのため、鼻の高さに合わせて置くと香りを感じやすくなり効果的。また、部屋の隅よりも、風通しのよい場所や人がよく通る場所に置きましょう。

オシャレな芳香剤でおもてなし

「シャルダン ステキプラス」なら、置いておくだけで上質な香りが広がり、空間をステキに演出してくれます。玄関や洗面所、トイレなど、さまざまな場所で手軽に取り入れられ、おしゃれなインテリアにもぴったりです。
      
 
air_freshener_033_U4


プロフィール