季節のくらし

2.オリジナルプランター


DIYクリエイター
Runtenさん
プロフィール

コーナーインテリアの強い味方となるのが、グリーン。ほっと和んだり、雰囲気があたたかくなります。Runtenさんは猫を飼っているため、フェイクグリーンをフル活用。セメントでプランターを作れば、自分好みのものが簡単に飾れます。部屋が狭い人には、上からつり下げられるプランターハンガーもおすすめ!

オリジナルのプランターでグリーンを飾ろう

プランターを手作り! フェイクグリーンを飾って雰囲気UP

0927-09

お部屋に置くと雰囲気がアップするグリーン。フェイクグリーンならとっても気軽です。手作りのプランターなら、好みの大きさや形にもできてGOOD。

大きさの異なる2種類のプラスティックカップを使います。大きい方にセメントの粉と水を入れ、よく練ります。ボタボタっと落ちる程度の硬さになったら、上から小さい方のカップを重ねて押し込んで。スキマにセメントが入り込み、プランターの形になります。その後1日半ほど乾かしてから、プラスティックカップを剥がしていけばOK。

プラスティックカップの代わりに、野菜のパックや、牛乳パックなども利用できます。

コーナーill_p2_1ol

プランターには土代わりになるハイドロカルチャーなどを入れ、100円ショップなどで購入したフェイクグリーンを置きます。
※自作のセメントプランターは、本物の植物には悪影響がある場合があります。

インテリアとともに香りも飾る

0927-12

プランターと一緒に、「シャルダン ステキプラスStick」を並べるとさらに雰囲気アップ。窓辺と共に、お部屋の香りも模様替えしてみては?

お部屋が狭ければ吊すワザも! プランターハンガーも手作りして

0927-06

毛糸や麻紐があれば、あとは結んでいくだけでできるプランターハンガー。図を見ると少し難しい気がするかもしれませんが、慣れれば簡単です。

161026_corner01_02ol

①まずは4~5本の紐を二つ折りにして束ねます。
②輪の部分を上にして、上から数センチの所を結びます。
③少し下を今度は2本ずつ結びます。
④結び目の下で2本をばらばらにして、今度は別の組み合わせで結びます。
⑤他の紐も隣同士で結んでいきます。
⑥同じように繰り返して5段くらい結んだら、すべての紐をまとめて結びます。
網状になるので、隙間からプランターを入れれば、吊して飾れるプランターハンガーのできあがり。


プロフィール

DIYクリエイター
Runtenさん

DIY歴は3年。賃貸住宅で“原状回復”できるDIYを楽しみながら、知人の家のDIYも請け負う。DIYの作品は雑誌、Web、ムック、テレビなどでも多数紹介されている。ブログ「QUALITY OF LIFE ~DIYと、猫と時々私~」にDIYテクニックなどを掲載中。