季節のくらし

キッチンのおいしい&楽しい整理収納術(道具編)


収納スタイリスト
吉川永里子さん
プロフィール

キッチンの調理道具やカトラリーは、使う場所に応じて整理するのがコツ! 必要なときにすぐ取り出せて、効率がアップします。また、場所が決まっているとしまいやすく、キレイな状態をキープできます。

キッチン・コンロ周りの収納(調理器具)

・切ったり盛りつけたりする作業スペースを確保

シンクやコンロ周りは、まず料理をする作業スペースを確保することが大前提。食器の水切りカゴなどが置きっぱなしでスペースが確保できないなら、別の場所に移動できないか検討しましょう。移動が難しければ、カゴを小さめにするなど、置きっ放しにできない状況を作るのも◎。食器を洗ったらすぐに拭いて片付けることで、次に料理がしやすくなります。

・収納場所は「水のコーナー」と「火のコーナー」を意識して

キッチン収納は、使用時の「動線」を重視し、「水のコーナー」と「火のコーナー」に分けましょう。

<水のコーナー>

基本的にどの家庭にもあるシンク下の収納。すぐに使えるように、水回りで使うものを収納します。ボウルやザル、洗剤などが基本です。

<火のコーナー>

お鍋やフライパン調理の際に使うものは、ガスレンジの下などに収納します。また、フライ返しやお玉などは、フックなどに吊しておくと使いやすいでしょう。さらに、吊すことで拭き掃除の邪魔にならないのも嬉しい点。吊す場所がなければ、ジャグ(口の広い水差し)などに入れてからガスレンジの下に収納しても。

03

食器棚(食器の置き方)

食器の収納は、使用頻度と高さを意識しましょう。毎日使うご飯茶碗や取り皿など使用頻度の高いものは、しゃがまずに手が届く範囲がベスト。少し使用頻度の低いものは、しゃがめば取り出せる下段へ。年に一度しか使わないようなものは上段へしまいます。ただし、重たいものや壊れやすいものは危険が伴うので、例外として下段に置くようにしましょう。

お皿を重ねる際は、2種類までに。下のものを取り出すときに上に載っているのが1種類なら片手で取れますが、2種類以上あると落としやすく危険です。もう一方の手で取り出す際、いったん別の場所に置かなくてはなりません。取り出すのもしまうのも面倒になるので避けましょう。

04

食器棚(カトラリー)

05

お箸やカトラリーは引き出しへ。種類ごと、サイズごとに小分けにするとごちゃごちゃしません。持ち手の部分を手前にしてしまいましょう。

シンク下には除湿剤を

シンク下収納の大敵は湿気。カビなどを予防するためにも、湿気対策を忘れないようにしましょう。特に、やむを得ず食品を収納する場合には欠かせません。「ドライペットコンパクト」は細長くコンパクトなので場所を取らず、また、容器内に液がたまっていくので取り替えの時期がわかりやすいのも嬉しいポイントです。

06


プロフィール

収納スタイリスト
吉川永里子さん

2008年より収納スタイリストとして活動を開始。「片づけはストレスフリーに暮らす近道」をモットーに、ざっくばらんに整理収納について説く。
女性目線・ワーキングマザー目線で行う整理収納やライフスタイル提案が「無理しないスマートな暮らし」と、働く女性や主婦の間で話題に。メディアでのアドバイス以外の他に、個人のお客様のお宅へも積極的に伺う。講演・セミナー・ワークショップ・ラジオなど話す仕事も多く、テンポのいい分かりやすい言葉で片づけについて伝える。『もう探さない人生』『30日間片づけプログラム』など著書多数。