季節のくらし

冷蔵庫の整理収納のテクニック


フェリシアラボ代表
高橋和子さん
プロフィール

冷蔵庫がきれいになったら、使いやすいよう食品を入れていきます。最後に、散らかりにくい整理収納のポイントをお伝えします。

理想的な収納はすべての食品が把握できること

冷蔵庫をすっきり整理するためには、すべての食品を把握できるよう収納することが大切。奥に追いやられた食品は、存在すら忘れてしまい、入れっぱなしになりがちです。
奥行きのあるトレーやカゴに食品を載せて収納すると、トレーごと引き出して奥にある食品も取りやすくなります。取って付きなら、さらに取り出しやすさがUP。100円ショップの仕切板や、アクリルのブックエンドなども便利です。
冷蔵庫3p_図5ol

どこに何を置くかは使用頻度と賞味期限で決める

食品の収納ポイントは、「頻度の高いもの」「早めに食べるもの」を取り出しやすい場所に置くこと。チルド室は、肉や魚、お刺身など賞味期限の短い生鮮食品を収納すると決めてしまいましょう。

チルド室の上1~2段は、使いやすいスペースなので、よく使う食品や早めに食べる食品の指定席に。毎日使うご飯の友や醤油、食べかけのおかずなどを入れておくとよいでしょう。朝食時に必ず使うバターやジャムを、まとめてセットしておくのも◎。

合わせて、1段目には鍋ごと収納できるような、大きめのゆとりスペースを作っておくのがおすすめ。すぐ食べるもののちょい置きができて便利です。空いているスペースがあると空気の流れができ、庫内に冷気が行き届くので節電にもなります。

ドアポケットも、使いやすいのは目線の高さのスペースです。ここにも調味料などよく使うものを収納します。

冷蔵庫の最上段はちょっと高くて使いづらいので、毎日は使わないかもしれないけれど常備している食品(お漬物やつくだ煮など)を密閉容器に入れて保管する場所に。
冷蔵庫追加_1ol-1

野菜室の野菜は立てて収納

野菜室は、収納ストッカーなどで区切ります。上から見るので、奥行きを考える必要はありません。そのかわり、できるだけ立てて野菜を入れてください。高さがないキャベツやレタスも、重ねるのはNG。
こうすれば、入っている野菜が一目瞭然ですし、収納力も上がります。使いかけの野菜は、まとめて抗菌密閉容器に入れると、散らからないうえ、清潔に保管できます。

文具を使って冷凍室を整理

冷凍室も立てて収納が基本です。できるだけ密着させた方が、空気に触れず霜が付きにくくなります。使いかけの冷凍食品は、専用コーナーを設けると使い忘れを防止できます。
開いた袋は、口を文具クリップ で留めればOK。スペースを区切るには、100円ショップの仕切板やアクリルのブックエンドが便利です。
冷蔵庫3p_図7ol

散らからない収納は見直しながら完成させていく

使いやすいようにトレーやカゴを置いても、出した食品を元に戻せなければ、意味がありません。ラベリングなどで、家族にもわかりやすくする工夫が大切です。
食品のイラストでもよいですし、赤は急ぐ/黄色は普通/青は保存する、など色別にしてもよいでしょう。一目瞭然でわかることが重要なので、文字より絵や記号がおすすめです。
収納ルールを決めたら、その後の見直しも忘れずに。本当に使い勝手のよいルールになっているか? 家族は理解しているか? を振り返り、修正しながら、快適な収納を完成させていきましょう。


プロフィール

フェリシアラボ代表
高橋和子さん

整理収納・家事代行・セミナー講師のフェリシアラボ代表。リカレント教育を推進する一般社団法人日本エグゼクティブプロモーター協会 代表理事。ナチュラル掃除講座など多数開講。掃除のプロとしてメディア出演多数。掃除コンサルタント。
フェリシアラボHP http://felicia-lab.jp