トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > カビ・菌・ニオイ、梅雨のお悩み一挙解決

季節のくらし

カビ・菌・ニオイ、梅雨のお悩み一挙解決


住宅情報アドバイザー
藤原千秋さん
プロフィール

5月中旬の沖縄を皮切りに、日本列島はいよいよ梅雨入りのシーズン。夏に向けて気持ちが盛り上がる中、長い雨やじめじめの湿気は悩ましいものです。嫌な季節を乗り切るノウハウを、住宅情報アドバイザーの藤原千秋さんにお聞きしました。

家の中で湿気・ジメジメが気になる場所・アイテムTOP10

梅雨に悩ましい湿気の問題。一般の家庭では、どんなところが気になっているのでしょうか? くらしにプラスでは、主婦360人にアンケート(※)を実施しました。

1位 お風呂
2位 ふとん
3位 押し入れ
4位 洗面所
5位 クローゼット
6位 衣類
7位 下駄箱
8位 寝室
9位 玄関
10位 リビング

水まわりと収納、玄関などが要注意ポイント。湿気だけでなく気温も上がるこのシーズン、対策をしなければ、さらに大変なことが・・・・・・。カビやニオイです!
2015年4月 家庭における梅雨時期の湿気・カビに関する意識調査より

家のカビはまたたく間に家中へ拡散する

梅雨ill_2olカビが生える主な条件は「温度」「湿度」「栄養」の3つ。カビの種類によりますが、気温は25~30度、湿度が65%を超えると活発になり、タンパク質や脂分の他、繊維や木材、ホコリなど何でも栄養にします。
カビは少しの振動や刺激で、どっと胞子が飛散します。家中に飛び交い、カビにとって条件の良い場所で、新たなカビが発生するのです。

梅雨特有の嫌なにおいの原因は菌がつくる悪臭成分

カビ臭の原因はカビそのもの。カビが発生しやすい梅雨の時期は、お風呂や洗面所などの水回りはもちろん、押入れや玄関も要注意。
生乾きの洗濯物や蒸れた靴のにおいは、湿気や汚れが大好きな雑菌が原因になることも。菌が繁殖するときに、悪臭成分を生み出します。


プロフィール

住宅情報アドバイザー
藤原千秋さん

住宅メーカーの営業出身で、おうちのお掃除から建築基準法まで知り尽くす、住まい全般のスペシャリスト。執筆、取材、講演会などを行うなか、3人姉妹の母としても忙しい毎日を送っている。「ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー!!」「この一冊ですべてがわかる-家事きほん新事典」など著、監修書多数。