季節のくらし

冷え性の原因を”温活”で撃退! 上手にカラダを温めるコツ


イシハラクリニック副院長
石原新菜さん
プロフィール

日常生活にちょっとした運動をプラスしたり、入浴に気を遣うだけで、ぐっと体が冷えにくくなることも。たった2週間の生活改善で、平熱が0.5度上がったケースもあるそうです。できるところから、生活を見直してみませんか。

使い捨てカイロで外側から温める

まずは体の中心にある「お腹」から

page2_img_01最も手軽なのは、使い捨てカイロの活用です。オフィスでも自宅でも、格好や行き先を選ばずに体を温められます。最も温めたい場所は“お腹”です。たくさんの臓器や血液が集まっている体の中心で、東洋医学では「お腹」ではなく「お中」と表記するほど。血液は約45秒で体を一周するため、お腹を温めることで効率的に全身をケアできます。また、腸には全体の7割を占めるリンパ球がいるため、免疫力のアップも見込めるのです。

下半身をしっかりケア

下半身の血行をよくするのも大切なポイントです。上半身に血が集まるとのぼせてしまうので、ふくらはぎや足首、足の裏を重点的に温め、血流を促すとよいでしょう。特にふくらはぎには、重力にさからって心臓に血液を戻す“筋肉のポンプ”があります。ここが冷えているとうまく血が戻せず、むくみや末端冷え症の原因になってしまうのです。キーワードは「頭寒足熱」。頭や上半身は少し涼しいくらいでも、足元はカイロやレッグウォーマー、湯たんぽなどを活用してきちんとケアしましょう。
page2_img_02

むくみやコリが気になる部分を温める

お腹が痛いとき、お母さんに手を当ててもらった思い出はありませんか? 昔からいわれている「手当て」には、具合の悪い部位を温める意味もあります。腹痛や腰痛、生理痛といった痛みのある部分や、むくみ・コリの気になる部分は温めてみてください。血液の流れがよくなり、症状が改善されるかもしれません。そんなとき、局所的に保温できるカイロはとても便利です。

筋肉をつけて内側から温める

page2_img_041Pでも解説したように、筋肉量が多いとたくさんの熱が作れるため、体が冷えにくくなります。運動を少しでも取り入れて、日常的に鍛えていきたいところ。特に、おしりや太ももなどの大きな筋肉があり、血流にも影響を与えやすい下半身を鍛えるのが効率的です。スクワットやもも上げなどのトレーニングはもちろん、椅子に座っているとき内ももに本を挟んだり、歯磨きをするときにつま先立ちをするといった“ながら運動”など、何でもかまいません。きちんと筋肉を使えていれば、運動するのは一日おきでもOK。意識的に体を動かしましょう。

お風呂で外側からも内側からも温める

page2_img_05お風呂には毎日浸かって、一日一回は体を芯から温めましょう。近年は38度のお湯に浸かる半身浴が流行していますが、自分の適温を探すのがポイント。体が冷え切っている人にとって38度は低すぎて、いつまでたっても温まらない場合があるのです。心地よく浸かっていられて、10分ほどで汗が出てくる、自分の適温を探しましょう。

目標は「一日一汗」。汗が出ると体温が1度上がり、免疫力が5~6倍になるといわれています。汗をかく方法はもちろん運動でもよいですが、お風呂なら毎日手軽に続けることができるでしょう。


プロフィール

イシハラクリニック副院長
石原新菜さん

医師。イシハラクリニック副院長。1980年、長崎市生まれ。帝京大学医学部卒業。医学生時代から、父・石原結實とともにミュンヘン市民病院の自然療法科、メキシコ・ティフアナのゲルソン病院、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学への造詣を深める。現在は、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とした診療を行う。
著書「腹巻美人ダイエット」(海竜社)「『体を温める漢方』で不調を治す」「『体を温める』と子どもは病気にならない」(PHP研究所)など。

公式ブログ http://nina-ishihara.cocolog-nifty.com/
HP http://www.ninaishihara.com/
撮影:山口直也(スタジオ☆ディーバ)