トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 衣替えが楽しくなる!クローゼットが見違える 整理&収納テクニック(春編) > 衣替えが楽しくなる!整理&収納テクニック(春編) ワザありアイデア集

季節のくらし

衣替えが楽しくなる!整理&収納テクニック(春編) ワザありアイデア集


整理収納アドバイザー認定講師
すはらひろこ さん
プロフィール

最後に、整理と収納に役立てられるワザありのアイデアをご紹介します。次の衣替えで、簡単に取り入れられるものばかりです。

タオルを挟むとスーツもたたんで収納できる

03_il001衣類をたたむ折り目に、クッション材代わりのタオルを挟むと、シワができにくくなります。ジャケットやコート、スーツをたたんで収納しても、次のシーズンすぐに着られます。
挟むタオルは厚手のものを使用しましょう。使い終わったラップの芯でもOKです。
たたんだら、立てて収納するのではなく、寝かせて上に重ねてください。ただし、上が重すぎるとシワになるので、重ねるのは4着くらいまでにしましょう。

つるせる「シャツラック」が便利

03_il002クローゼットの使い勝手を良くするため、ハンガーパイプにつるして使うシャツラックをおすすめしています。季節に応じて、ストールやカーディガン、帽子などの小物を入れて使えます。
衣替えの時期には、まだ着る可能性のあるアイテムをそこにだけ、残すようにします。最後に、シャツラックに置いたものだけしまい、衣替えを完了できる状態にしておけば、やり残しがありません。
クローゼットでシャツラックをつるすためには、ハンガーにかける洋服を整理しなければなりませんが、それだけの価値があると思っています。

風呂敷は日本人の知恵!

03_il003スキーウェアなど、特定の時にしか使わない衣類は、風呂敷でまとめると便利。わざわざ専用の収納ケースを買わなくても、風呂敷にまとめて入れればきちんと整理できます。まとめる衣類がさほど大きくならなければ、ランドリーネットなども使えます。

処分に迷った洋服は着てみる

03_il004片付けが苦手な方は、洋服を減らせないのが大きな原因です。どうしても3秒で処分を決められず、迷ってしまうときは、一回着てみるのもひとつの手。似合うかどうか、鏡の前でチェックしたり、着て出かけてお友だちの反応を見るのもおすすめです。

衣替えはとにかく楽しく!

03_il005衣替えが面倒な方は、好きな音楽をBGMにしたり、ご褒美のスイーツを用意したり、工夫してみてはどうでしょうか? お友だちを呼んで、いらない服をジャッジしてもらうのもいいですね。衣替えを楽しくするのも、上手に収納するテクニックです。


プロフィール

整理収納アドバイザー認定講師
すはらひろこ さん

一級建築士、インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー認定講師。おうちのもやもや整理に365日取り組む収納のプロとして、テレビ・ラジオ出演等メディアで活躍し、著書・監修書多数。また、セミナーの人気講師として整理収納講座を定期開催している。近著に「風通しのいい片づけ モノ、コト、イエをリセットする68のヒント」(エクスナレッジ)がある。

ホームページ「片付けちゃお、スカっとしちゃお」
ブログ「片付けちゃお365」