トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 忙しいあなたに!3つのポイントで がんばりすぎない大掃除 > 3つのポイントで がんばりすぎない大掃除 冷蔵庫、玄関の大掃除

季節のくらし

3つのポイントで がんばりすぎない大掃除 冷蔵庫、玄関の大掃除


冬にこそおすすめしたい 冷蔵庫の整理&徹底除菌!

02_il001冷蔵庫をお掃除する時は、庫内の食材を出してから行います。気温が10℃を切るような日であれば、食材はまとめて玄関先やベランダなどの気温の低い場所に置いておくか、暖房がついていなければそのままキッチンまわりに置いておいても問題ありません。

冷蔵庫がなかなか整理できない原因の一つは、使わない調味料などがいつまでも入っていること。この機会に、使わないものは処分したり、早めに使いきるようにしましょう。

冷蔵庫を空っぽにしたら、キッチンペーパーや乾いた布などにエタノールスプレーを吹きかけて、汚れを拭きとっていきます。棚や卵置き、野菜ケースなど、とりはずせるパーツにこびりついた汚れがある場合は、はずして食器洗い用洗剤で洗いましょう。しっかり水分をふきとった後、仕上げにエタノールスプレーで除菌しておくと効果的です。

せっかくきれいにしても、ジャガイモや人参など、土のついた野菜をそのまま冷蔵庫にしまうと、たちまち雑菌が増えてしまいます。庫内に入れる前に水洗いして、ざるの上などで乾かしておき、土を落としてから入れることで、菌の増加を防ぐことができます。

忙しい人は、1日ですべてやらなくても、今日は野菜室だけ、今日はこの棚だけと小分けにしてお掃除すれば、まとまった時間がなくても大丈夫! すみずみまでお掃除できたら、脱臭剤を置くのもおすすめです。おせちなど、たくさんの食材を冷蔵庫に入れる年末年始こそ、ニオイの気にならない清潔な状態を保ちましょう。

※プラスチック製の棚にエタノールスプレーを使う場合は、目立たないところで試してから行うようにしてください。
  なかには変色や変質してしまう場合もあります。

家の顔である玄関をキレイにして、気持ちよく新年を迎える準備を!

02_il002玄関のお掃除では、ドアの内と外、ポスト、表札、インターフォン、下駄箱、そしてたたき(靴を脱ぐところ)まで、すべての汚れを水拭きします。重曹水を使うとより効果的です。雑巾があっという間に汚れで真っ黒になるので、そのまま使い捨てできる、古いタオルやTシャツを切った布を使うのがおすすめです。

時間があれば、下駄箱の中の靴をすべて出して、他のところと同様に、重曹水を使って拭いていきます。重曹には消臭効果もあるので、下駄箱のニオイを抑えることもできます。この際、不要な靴も整理してしまいましょう。お気に入りだけど履きすぎて古くなったもの、まだきれいだけど履きづらくて使ってないものなど、不要なものを処分すれば、来年に出会う新しい靴のスペースも確保できます。

棚が完全に乾いたら、新聞紙や包装紙などを敷いて靴をおけば、吸湿性もあり、棚の汚れ防止にもなります。新聞紙などが汚れたら、捨ててすぐに交換できるのも便利です。

下駄箱の中がすっかりきれいになったら、重曹の消臭効果が続くように、脱臭剤を置いて、ニオイにも気をつけましょう。お掃除の行き届いた玄関で、新年をすがすがしい気持ちで迎えましょう。

※大理石や御影色などはクエン酸で拭くと溶けたり、曇ったりすることがあるので、使用しないでください。


プロフィール