トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > トイレの温水洗浄便座は、どこをどのように掃除すれば良いでしょうか?

トイレの温水洗浄便座は、どこをどのように掃除すれば良いでしょうか?

トイレ掃除で見落としがちなポイントが温水洗浄便座。全国でハウスクリーニングサービスを展開する「株式会社カジタク」で、多くの家庭のトイレ掃除を行ってきた名取邦夫さんは、温水洗浄便座の掃除がしっかりできている家庭は少ないと話します。今回は、名取さんに一般的な温水洗浄便座の基本の掃除方法を伺いました。



シャワーノズルは1週間に一度は掃除しよう

(写真提供:カジタク)

お尻を洗う温水洗浄便座のシャワーノズルは、温水洗浄便座の中でも特に汚れが溜まりやすいスポット。シャワーノズルは、お尻を洗浄するたびに汚れた水や剥がれた便が降りかかるだけでなく、男性が立って用をたした際などに、はねた尿がかかってしまいます。多くのノズルには自動洗浄機能が付いていて使うたびに洗ってくれますが、少し水を流すだけなので、長年にわたって蓄積した汚れや菌などは取れません。

ノズルに付着した菌を放置しておくと悪臭の元になるだけでなく、ノズルから出てくる水が直接肌に触れるため不衛生です。普段から掃除して常に清潔にしておきましょう。トイレの使用頻度によって汚れるスピードは変わりますが、できれば1週間に1回くらいは、掃除した方が良いでしょう。

シャワーノズルの掃除方法は、ノズルお掃除ボタンなどでノズルを出し、トイレ用の除菌シートや、ノズル専用の洗剤などを使って洗うだけ。お掃除ボタンがないタイプの場合は、取扱説明書に従ってノズルを出してください。汚れが蓄積していると尿石などができていることも。尿石などでシャワーの目が詰まっている場合は、やわらかいブラシなどでこすって取りましょう。強くこするとノズルが折れたり傷ついたりすることもあるので、やさしく丁寧に掃除してください。
ノズルの部分も含め、温水洗浄便座の多くは樹脂でできています。固いブラシで強くこすると傷がつき、傷がついた部分に汚れが入り込んで菌が繁殖しやすくなります。

便座部分は、汚れやすいので中性洗剤やペーパーなどを使って、こまめに掃除してください。便座の横にあるボタンパネルにも尿が飛び散っている可能性があるので、便座の掃除と合わせて、除菌シートなどで拭き取ります。ボタンパネルは電子部品なので、誤って洗剤や水をかけたりしないように注意してください。

温水洗浄便座と便器の間は汚れの温床

(写真提供:カジタク)


盲点になりがちなのは、温水洗浄便座と便器の隙間です。隙間の部分は、温水洗浄便座自体を取り外さないと洗えないため、長年にわたって飛び散った尿などの汚れがびっしり付いている可能性があります。

温水洗浄便座の取り外し方はメーカーによって異なりますが、取扱説明書に書いてありほとんどのものは簡単に外すことができます。半年に一度の大掃除などのタイミングで外してチェックしましょう。便座と同じように、除菌ペーパーや中性洗剤などを使って拭き取れば十分です。

埃が溜まりやすい脱臭フィルターも要チェック

多くの温水洗浄便座には、トイレを使用する際に一時的に広がる臭いを抑えてくれる脱臭フィルターが付いています。長年使っていると衣服などの繊維や埃が付着して、脱臭機能が低下してしまいます。月に1回程度はチェックしましょう。大抵は、温水洗浄便座の横に取り付けてあります。

掃除は、歯ブラシなどで埃を払うだけでもOK。できれば水洗いをして乾燥させるとなお良いです。手のひらサイズなので、掃除は難しくありません。設置場所や取り外し方は、取扱説明書に書いてあります。また、温水洗浄便座のコンセントなども埃が溜まりやすいので、脱臭フィルターと一緒にチェックしましょう。

今回は一般的な温水洗浄便座の掃除方法をご紹介しましたが、メーカーや機種によってお手入れの方法は異なりますので、取扱説明書を確認してください。

ノズル汚れは、密着泡でラクラクお掃除

面倒なノズルの掃除は、ノズル専用のクリーナーで手軽に掃除しましょう。「洗浄力 モコ泡わノズル専用クリーナー」なら、スプレーするだけできめ細かいモコモコの泡が密着して、ノズルやノズルまわりの水アカ・便などの汚れを簡単に落とし、泡のかかった範囲の除菌もします。

取材協力:株式会社カジタク 家事支援事業本部 名取邦夫さん

株式会社カジタクは全国に拠点を持ち、ハウスクリーニングや家事代行サービスなどを提供しています。名取邦夫さんは豊富な現場経験を生かし、全国約1000名のハウスクリーニングスタッフを教育する品質担当責任者。名取さんが掃除方法をわかりやすく解説する動画コンテンツも好評です。

株式会社カジタクのHPはこちら