トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > きちんと洗ったはずなのにタオルが臭います。イヤなにおいを取る方法はありませんか?

きちんと洗ったはずなのにタオルが臭います。イヤなにおいを取る方法はありませんか?


洗ったばかりのタオルから漂うイヤなにおい。実は洗濯をするだけでは、完全に取り除くことはできないことも。洗濯をしたタオルが臭う原因や、においを取り除く方法を、タオルの製造・販売を行うホットマン株式会社の坂本将之社長に伺いました。



菌の増殖がにおいの原因 洗濯だけでは取りきれない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タオルのイヤなにおいは、繊維に付着した菌が増殖する過程で発生します。菌の正体は「モラクセラ菌」という、人の口や鼻の粘膜など、あらゆる場所にいる菌で、酸素や温度、湿度、エサ、水分などの条件が揃うことで爆発的に増えていきます。

タオルをきれいに洗濯したつもりでも、菌や汚れが落ち切れずに残っていたり、洗濯で溶け残った石鹸カスなどが付着していると、乾くまでの間に菌が増殖してイヤなにおいを発生させるのです。湿度の高い時期や、部屋干しをしていて、乾くまでに時間がかかるほど、菌は増えてにおいが出やすくなります。

臭くなったタオル、まだ捨てないで!~においを取る方法をご紹介

一度においが発生したタオルは、普通に洗濯しただけでは、においの原因となる菌を完全に取ることができません。そこで、ちょっとした工夫で、菌をリセットするワザをいくつかご紹介します。においが取れないからと捨ててしまう前に、ぜひ試してみてください。

・60度以上のお湯につける

IMG_0156_2

モラクセラ菌の弱点はズバリ熱。60度以上のお湯につければ、20分程度で死滅します。洗面器などに沸かしたお湯を入れて、タオルをつけておきます。お湯が冷めないように途中で差し湯をして、60度以上をキープしてください。このとき、熱湯を直接かけると生地を痛める恐れがあるので気をつけましょう。
お湯から取り出したらすぐに洗濯して乾かしてください。濡れた状態で放置していると、再び菌が増えてしまいます。

・コインランドリーの乾燥機を利用する

コインランドリーの乾燥機で乾かすのも効果的です。60℃前後で乾燥させる家庭用の洗濯乾燥機に比べて、コインランドリーの乾燥機は約80~120度と高温なため、確実に菌を取り除くことができます。においが気になってきたら、まとめてコインランドリーの乾燥機を利用してみるのも方法です。

・酸素系漂白剤につける

40~50度のお湯に酸素系漂白剤を適量入れて、タオルを20分程度つけておきましょう。終わった後は、しっかりすすいでから干してください。長時間つけすぎると繊維を傷めてしまいます。塩素系漂白剤は、色落ちしたり繊維を傷めたりする恐れがあるので、注意が必要です。

洗濯方法や干し方を工夫して、菌の増殖を防ぐ

菌の増殖を予防するには、日頃の洗濯方法と干し方が重要です。それぞれのポイントをご紹介します。

・洗濯方法 液体洗剤を使ってたっぷりの水で洗う

洗濯をするときは洗剤の適正量を守り、水をたっぷり使って洗いましょう。洗濯物を詰め込みすぎると、洗浄力が弱まってしまいます。すすぎもしっかりとしてください。粉の洗剤の場合、洗剤カスが残って菌のエサになる恐れがあります。

また、洗濯槽に菌や汚れがたまっていると、洗濯する時にはがれ落ちることがあります。洗濯したタオルに付着してしまうと菌が繁殖してにおいの原因になるので、洗たく槽クリーナーを使って、洗濯漕も定期的に掃除をしましょう。

200305

・干し方 日中に外で陰干しがベスト

洗ったタオルは、日中に屋外で陰干しをしましょう。菌の増殖を防ぐにはできるだけ早く乾かすのがポイントですが、天日干しはおすすめしません。直射日光に当てると水分が飛びすぎたり、紫外線がタオルの繊維を傷めて、硬くなってしまうからです。天日で干す場合は、乾いたらできるだけ早く取り入れてください。夜は湿度が高くて乾きにくいので、できれば日中の時間帯に干しましょう。
部屋干しは乾くまでに時間がかかり、菌が増殖しやすくなります。やむをえず部屋干しする時は、エアコンや除湿機などを併用しましょう。

また、使ったタオルを湿ったまま洗濯機や洗濯カゴに入れて放置すると、生乾きの状態が続いて菌が増殖してしまいます。洗濯するまでの間は、できれば干しておきましょう。干すのが難しければ、洗濯カゴの一番上に広げて置くなど、乾きやすくなるように工夫してください。

タオルを買い換えるタイミングは?

洗濯や干し方に気をつければ、良いタオルは3年、5年と使い続けることができます。タオルのふんわりとした風合いが戻らないときや、タオルに黒ずみやカビが付いて落ちないときは交換を検討しましょう。

取材協力:ホットマン株式会社 坂本将之 代表取締役社長

坂本社長

ホットマン株式会社
明治元年創業の老舗タオルメーカー。高品質な同社タオルは直営店で販売すると共に、さまざまな企業とのコラボレーションも行っている。抜群の吸水性を誇る「1秒タオル」をはじめ、親から子、孫の世代まで長年にわたって愛用できるタオルを開発している。