トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > 家の汚れを効果的に落とす洗剤の選び方を教えてください

家の汚れを効果的に落とす洗剤の選び方を教えてください


すべての汚れに効果的な洗剤はありません。大切なのは、”適切な洗剤“を選ぶこと。そのために、汚れの種類と洗剤の種類を覚えておきましょう。お掃除オーガナイザーの木村由依さんに教えていただきました。



家の汚れは、大きく分けて「油」「水垢」「カビ」の3種類

汚れの種類や性質を知っておくことが、効率よく落とすポイントです。汚れは、大きく分けると次の3種類。また、どの場所にどんな汚れがあるのかも確認しておきましょう。

・油(酸性の汚れ)
食品の油や身体から出る皮脂や手垢。油煙となって広がるので、家の中の大半は酸性の汚れ。特に換気扇などの油汚れはベタベタの粘度が高まり厄介になります。

・水垢(アルカリ性の汚れ)
カルキや石けんカスなど水回りにある汚れ。トイレの尿石もアルカリ性の汚れです。カルキや尿石は蓄積すると石のように硬い汚れになり、落としにくくなります。

・カビ
カビは胞子として部屋中を飛び回り、湿度、温度、栄養(汚れ)の3つの条件がそろうと増殖し目立ち始めます。

この3種類をおさえておけば、汚れに適した洗剤を選ぶことができます。

161121souji-02-01ol

洗剤で「中和」して落とす

汚れは、酸性やアルカリ性の化学作用や界面活性剤の効果で落としやすくするのが基本。酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤で中和することで汚れの個性を弱め、取り除きやすくします。市販の洗剤は、液性が酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性に分類されていて、酸、あるいはアルカリの性質が強くなるほど、強力に汚れを落とせます。また、界面活性剤には、汚れに浸透してはがしやすくする働きがあります。
洗剤を選ぶ際には、ラベルや裏面を確認して、場所や汚れに適したものを選びましょう。
掃除する場所の材質によっては使えない洗剤もあります。取扱い説明書などで必ず確認してください。
また、洗剤を使う時は、必ずゴム手袋やビニール手袋など家庭用手袋を着用して、洗剤や汚れから肌を保護しましょう。

1216souji-01ol

カビは塩素の力で破壊する

パッキンなどに根を生やしたカビは簡単には取り除けません。その場合は、塩素系の漂白洗剤で組織を破壊し、漂白しましょう。ただし、カビは、石けんカスや皮脂汚れなどと混ざっていることがあるため、洗剤で汚れを取り除いてから対処しましょう。

取材協力:木村由依さん

図1

プロフィール:
女性専門のハウスクリーニングサービス『クリスタルミューズ』代表、お掃除オーガナイザー®︎。

『安心・丁寧・清潔・満足』を心がけ、女性ならではの細やかさを大切に、独自の「クリスタルクリーニングメソッド」で、思考の整理から始める片づけ(ライフオーガナイズ)とお掃除の仕組みづくりをサポート。ハウスクリーニングのほか、正しい知識を身につけてお掃除をもっと楽しくおこなうためのレッスンも開催。五感を使った汚れのチェックや、分かりやすい説明が大好評。
『リンネル特別編集「掃除の基本」おさらい帖』(宝島社)監修。

ブログ「お掃除オーガナイザー木村由依のクリスタルな日々」