トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > トイレを掃除してもにおいがとれません! 正しいにおいケアの方法を教えてください

トイレを掃除してもにおいがとれません! 正しいにおいケアの方法を教えてください

常にトイレをきれいにしているつもりなのに、においがとれない場合は、掃除のやり方が間違っているかもしれません。悪臭が発生する原因を知れば、対策もしやすくなります。ポイントをおさえて、正しいにおいケアを実践しましょう。



トイレの悪臭はおしっこの飛沫が主な原因

トイレのにおいの主な原因はおしっこ(尿)の飛び散りです。排出された直後の尿は、においが弱いですが、時間が経つと、菌が尿素を分解して、アンモニア臭が広がってしまうのです。
こまめに掃除をしていても、便器の中や床などの目につかない場所に尿の飛沫が残っていて、悪臭の元になっている可能性があります。特に、便器の縁や便座の裏側などは見逃しやすい部分なので注意しましょう。
また、便器の中に尿が残っていると、尿に含まれるカルシウムが結晶化して、「尿石」ができてしまいます。尿石には菌がくっついて繁殖しやすいため、においが一層強くなります。
rpixta_13587099_S

飛び散ったおしっこは早めに拭き取って菌を予防

トイレのにおいを防ぐには、尿の飛び散りをできるだけ早く取り除き、菌を発生させないようにすることです。
便座や床、壁は除菌効果のあるクリーナーなどを使って、こまめに拭き掃除しましょう。床に敷いているマットは、定期的に洗濯してください。

便器の中は、見える部分だけでなく、縁の裏側などもしっかり掃除しましょう。便器に黄ばみがある場合は、尿石ができている可能性が大。除菌力の高い酸性洗剤を使うと、落ちやすくなります。掃除の仕方は、洗剤の用法に従ってください。

それでもにおいが取れない場合は、すでに壁やフローリングに尿が染み込んでしまっている可能性があります。こうなると元から断つのは難しくなるので、置き型タイプのトイレ用消臭芳香剤を使って、持続的に消臭していきましょう。トイレ用消臭芳香剤は、アンモニアなどトイレの悪臭に効果の高い消臭成分や香料が使われています。
消臭力トイレ用

即効性ならスプレータイプ!

用を足した後ににおいが気になったら、「消臭力 トイレ用スプレー」のような即効性が高い消臭芳香剤が便利です。広角ジェット噴射で、消臭成分が瞬時に空間に広がり、便器内の噴霧した箇所への除菌効果もあります。トイレの後のエチケットとしても、ぜひ活用してください。
r2015sp_003_1