トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > 気になるペットのにおい、消臭対策を教えてください

気になるペットのにおい、消臭対策を教えてください

ペットを飼っていると気になるのが、ペット特有のにおい。実は犬と猫では、においが少し異なります。今回は、犬と猫それぞれの消臭対策を紹介します。



空間に広がったにおいは、ペット用の消臭剤でよい香りに変えましょう

SONY DSC
犬の体臭は、「アポクリン腺」という汗腺から分泌される、脂質やタンパク質を含む汗が原因。この汗腺は人間のわきの下などにもあり、ワキガ臭がこれにあたります。定期的にペット用のシャンプーで洗ってあげることで、抑えることができます。

空間に広がったにおいが気になる場合は、ペット用の消臭剤を使うのが得策でしょう。芳香成分に悪臭を香りの一部分として取り込むことによって、よりよい香りに変える「ペアリング消臭」という原理を採用しています。

また、犬に比べると、猫には体臭がほとんどありません。ネコ科の動物は、獲物を捕らえるときに、自分のにおいを消す必要があるためだそうです。

猫の尿は、においが強い。トイレ周りを重点的に掃除しましょう

kitten cat in toilet tray box with litter top view isolated on w
犬が水をたくさん飲むのに比べ、猫はあまり飲みません。これは、猫がもともと砂漠のような乾燥地帯で暮らしていた名残と言われています。少ない水分に多くの老廃物を凝縮してしまうため、尿のにおいが強くなります。
猫の場合は、トイレ周りの掃除や消臭を重点的に行ってください。尿が付いてしまった所は、クエン酸を溶かした水でふき取るのがいいでしょう。

においがこもりがちな日は、換気を心がけて

雨の日や寒い日は窓を閉めっきりで、においがこもりがちになります。天候のよい日を見計らい、しっかりと換気をしましょう。また、暑くジメジメした日は、微生物の働きでトイレのニオイがより強くなるので、早めに処理をしてください。

ペットと生活している限り、においを完全になくすことは難しいもの。急な来客などに備えて、ペット用消臭剤などを常備しておくと安心です。