サステナビリティの考え方

社会からの期待と要請に応え、企業と社会の持続的な相乗発展を目指す

エステーグループは、サステナビリティを「企業と社会の相乗発展の取組みである」と考えています。エステーグループは、社会・環境から貴重な経営資源を預かって事業を行っており、それらは「正しく運営」されることを期待して委託されたものであると認識しています。エステーグループは、ステークホルダーの皆様からの期待に応えるために、「社会の要請(社会的責任)」と「社会の期待("らしさ"を活かしたビジネス・価値創造)」に取組みます。そして、対話を通して、正しく会社を理解してもらい継続的な支援を得て、ともに相乗発展を目指します。

目的 取組み 内容
サステナビリティ
(持続可能な企業価値の創造)
社会の期待
(ビジネス・価値創造)
(期待) "らしさ(空気ビジネス)"を活かした経済価値の創造
(期待) "らしさ(空気ビジネス)"を活かした社会課題の解決
社会の要請
(社会的責任)
(要請) 社会・環境の持続性に及ぼす影響に対応
コーポレートガバナンス (監督) 持続的な企業価値の創造を支える仕組み

> 「私たちの経営理念」はこちら

> 「企業価値の創造報告書」(エステー資料室)はこちら

> 「コーポレート・プロファイル」(エステー資料室)はこちら