メッセージ

"独自のエアケア技術"で、お客様づくりを推進します

ブランド価値経営

私たちは、社会に対するSERVICE(奉仕)とTRUST(信頼)を基本とし、お客様に最も信頼される製品を提供することにより、社会に貢献することを経営理念としております。社是は「誠実」、企業スローガンに「空気をかえよう」を掲げて、空気を通して暮らしを明るく元気にし、お客様や社会から愛される会社になることを目指しております。基本方針は、強くて速い会社(絞り込みと集中、世にない商品の開発、スピード経営の3方針)を継承するとともに、2013年からは"ブランド価値経営"を掲げ、高収益体制の構築を進めています。

「高収益体制の基盤」が整う

これまでの3年間を振り返ると、安倍政権によるインフレ政策や消費増税などの影響はありましたが、2013年の現職就任以来、経営改革を推し進め、初年度は「高収益体制の基盤づくり」に着手し、2期目は「顧客の創造」に取り組み、3期目には「利益志向経営への転換」を掲げて事業部制への組織改編を行い高収益体制の基盤は整ったと考えております。当期は、消費者マインドが大きく変化し、自分の心に刺さる商品には多少単価が高くとも手を伸ばすお客様が増えてきました。低価格志向のお客様との間で、消費動向は二極化したと言えるでしょう。当社の商品でも、エアケア事業の新生ブランド「SHALDAN」やメガブランド「消臭力」のPremium Aromaシリーズなど、高付加価値・高単価の商品が売上・利益を牽引したことで増収増益となりました。

中長期的な経営戦略

一方、私たちを取り巻く環境を見ますと、少子高齢化などの人口構造の変化、経済のグローバルの波、健康や環境などのサステナビリティに対する関心が高まるなど、世界的な社会の構造的変化が起こっております。私たちはこうした変化を、大きく成長するための機会と捉え、強みである"独自のエアケア技術"を活かして新市場を創造し、社会からの期待に応えてまいります。また、消費者への安心・安全な製品の提供、採用や人材育成、環境負荷の低減、再生可能な原材料の開発・調達などの社会からの要請についてもしっかり応えていくことで、エステーのブランド価値(企業価値)の向上を目指します。

「基盤づくり」から、「成長のフェーズ」へ

今期からは、「市場拡大」、「シェア拡大」、「利益志向」の3つに注力します。事業部制では縦軸として、第2事業本部(エアケア)が「市場拡大」し、第1・3事業本部(季節商材・ニッチ商材)が「シェア拡大」を図ります。そして横軸の機能部門は、「利益志向」で利益構造の改革を行います。「市場拡大」では、①従来の既存エアケア技術で新分野に進出、②独自の新規エアケア技術で新市場を創造、③海外ではアジア基盤の構築を進め市場の拡大を図ります。「シェア拡大」では、①季節商材の市場・売場の活性化、②ニッチ商材の市場を育成し事業基盤の強化を進めます。「利益志向」では、①コアコンピタンスを強化して開発力を高め、②経営のあらゆるムダを排除して効率化を図り、③全社員が経営感覚を強化して利益の最大化を目指します。そして、持続的成長へ舵を切ってまいります。

最後に

私たちは、これまで革新的な「世にない商品」を開発し、お客様の暮らしに新たな驚きと楽しさを提案してきました。これからも"独自のエアケア技術"を強化し、新しい価値・新しい市場を創造してまいります。今後も、株主をはじめステークホルダーの皆様と協働で、企業と社会の相乗発展、中長期的な企業価値の向上、株主価値の増大を図ってまいります。引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2016年6月
取締役 兼 代表執行役社長(COO)
鈴木 貴子