メッセージ

「ONEエステー」で成長軌道へ

事業マトリックス制で利益が大幅改善

2017年3月期は、経営方針「ブランド価値経営」のもと前期に引き続き高収益体制を目指し、事業マトリックス制をさらに推進してきました。各事業の見える化が進み収益管理の徹底が図られた結果、収益は大きく改善しました。新製品では、香り系の商材が好調で「SHALDAN」フレグランスや「消臭力」Premium Aromaシリーズなどの売上が寄与した他、消臭剤でも「消臭力」トイレ用の機能プラスシリーズなどの高単価・高付加価値品が売上に貢献した結果、売上高は459億円(前期比2.9%増)となりました。 また、利益面では販売数量の増加や高付加価値商品の販売強化、コスト面では、継続して取組んでおります返品や製造コストの削減効果が現れた他、在庫や製品数の絞り込みに取組んだ結果、営業利益は28億円(前期比21.9%増)、経常利益は29億円(前期比68.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は18億円(前期比99.2%増)となりました。

高収益体制の構築と、新たな成長への種まき

2018年3月期(今期)は、中期経営計画の最終年度です。今期、私たちは「高収益体制の構築」を進めるとともに「新たな成長への種まき」を行ってまいります。 「高収益体制の構築」では、市場拡大「エアケア事業で市場拡大」、シェア拡大「既存事業で市場活性化」、利益志向「利益構造の改革を継続」を引き続き進めてまいります。 「新たな成長への種まき」は、「既存技術を活用した新市場への進出」、「新技術による市場創造」、「グローバル対応強化」の3つの方向性で成長を図ります。 「既存技術を活用した新市場への進出」としては、超高齢化社会のニーズにこたえて介護用品の新ブランド「エールズ」が誕生しました。独自の消臭技術を駆使して、介護現場の不満・不便の解消に取組みます。 「新技術による市場創造」としては、香りの持つ生理作用に着目した新ブランド「アロマサプリ」を立ち上げ、アロマオイルを使った新しい健康習慣の提案を行います。また、もう1つの新技術「クリアフォレスト」では、2016年7月に欧州オーガニック認証を取得しており、新しい市場の開拓を進めています。 「グローバル対応強化」では、タイをハブとして戦略エリアであるASEAN地域に注力してまいります。

「ONEエステー」の実現に向けて

私たちの今期方針は「ONEエステーで成長軌道へ」です。 事業マトリックス制をさらに進化させ、これまで別組織だった国内・海外の営業部門を1つに統合するとともに、支援部門のサポートを強化しました。 また風土改革として「ワークスタイル変革」を推進します。私たち自身が仕事とプライベートの均衡を保ち、幸せな生活を送らなければ、お客様を幸せにする商品を生み出すことはできません。無駄な仕事の断捨離や柔軟な働き方の導入などを進めることで生産性を高め、持続可能な企業基盤を築いてまいります。 これらにより、新分野・新市場を成長軌道に乗せ、さらに大きく躍進する所存です。今後も引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年7月
取締役 兼 代表執行役社長(COO)
鈴木 貴子