企業情報サイトトップページ > エステーの価値創造 > リスク管理・コンプライアンス

リスク管理・コンプライアンス

内部統制

内部統制については、組織の業務の適正性を確保するため体制整備を推進しています。目的を有効的・効率的かつ適正に達成するために、ルールや業務プロセスを整備しています。さらに、運用面では、その徹底を図るとともに、取引先にも促します。また、社内外の声を常時把握し、実効的・合理的な見直しも継続的に行っています。

リスク管理

リスク管理については、経営の最重要課題の一つと考えています。リスク管理では、会社を取り巻く多様な経営リスクの未然防止、万一の被害の最小化、再発防止などを行うための体制づくりを推進しています。具体的には、リスク管理のための規定を定め、子会社を含めたグループとしてのリスク管理委員会を設置し、リスク管理の体制整備とリスク発生時の対応のルール化に努めています。体制では、リスク管理委員会が、その活動を代表執行役と執行役会および監査委員会に報告し、監査グループにおいて、リスク管理が有効に機能しているかを検証しています。さらに、事業継続計画(BSP)では、災害等のリスクが発生した際、重要業務が中断しないように災害時の行動計画や防災訓練等の取組みの強化も図っています。主なリスクは、下記の通りです。

主なリスク 内容
競争環境の激化 日用雑貨業界は、競合他社や新規参入者との間で厳しい競争が行われており、的確に対応ができない恐れがあります。
新規事業・資本業務提携の影響 戦略的な提携や企業買収後、予期せぬ障害や状況の変化が生じる可能性があります。
海外での事業活動 海外の生産拠点に予期せぬテロ、内乱、自然災害、新型インフルエンザの流行、人権問題等の事象が発生する恐れがあります。
原材料価格の高騰 製品はプラスチック容器等の石油製品の占める比率が高く、原油価格の高騰や円安が進行する恐れがあります。
取引先の状況 取引先は、原材料仕入から小売・流通まで多岐にわたっており、社会情勢等の要因に的確に対応ができない恐れがあります。
天候不順による販売の不確実性 製品には防虫剤やカイロ等、売上高が天候に大きく左右される品目があります。天候不順によって変動する恐れがあります。
公正な事業慣行 法令や諸規則、倫理、社会規範の変更対応や浸透の徹底が不十分な場合、問題が生ずる恐れがあります。
お客様対応 消費者への安心・安全な製品の提案を心がけていますがお客様の満足や信頼を損なう不測の事態が生じる恐れがあります。
株価の変動 保有する投資有価証券には、株価変動リスクがあり、株価の下落など不測の事態が生じる恐れがあります。
情報管理・システムのリスク 情報管理の体制は整備していますが、万一情報漏洩等の不測の事態が生じる恐れがあります。
重要な訴訟のリスク 現在、訴訟等は提起されておりませんが、将来、重大な訴訟が発生し不利な判断をされる恐れがあります。
自然災害の影響(BCP) 災害等に備えて生産拠点の分散化や体制整備を図っていますが、将来、重大な災害等が発生し想定を超える恐れがあります。

コンプライアンス

コンプライアンスに対する考え方

コンプライアンスに対する考え方は、法令にとどまらず、社内外の諸規則・倫理・社会規範を遵守し、エステーグループの経営理念・行動規範の実践により、社会からの要請と期待に応え、皆様からの信頼の維持・向上に努めています。

コンプライアンス体制

エステーグループはコンプライアンス委員会を設置し、委員会において審議、決定された事柄を代表執行役・執行役会・関連グループに報告するとともに、委員会の活動状況について監査委員会に報告しています。

社内啓蒙活動

社員のコンプライアンス意識のさらなる向上のため下記の活動を行っています。
・行動規範や内部通報窓口の設置
・コンプライアンス事例集をイントラネットに掲載
・啓蒙のためのメールマガジン、ニュースを全社に送信(それぞれ毎月1回送信)
・アンケート調査を全社に実施(年1回)
・セルフチェックのためのコンプライアンステストを全社に実施(年2回)